トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学受験で浪人すべきか?失敗する確率もあるが成功する秘訣は?

大学受験をしてみたが、上手くいかずに浪人をするという方も中にはいるのではないでしょうか?浪人をするという選択は結構簡単にできるものではないでしょう。浪人をするにも勇気がいりますから。というのも、浪人をして必ず成功する保証もなければ、むしろ現役のときよりも結果が悪くなるかもしれないからです。だから、仮面浪人はともかくとして、普通の浪人は非常にリスクがあると思います。浪人をするということは受かった大学に満足いかなかったということでしょう。

大学受験をしてみて、浪人をすべきか?という話に関しては難しいところですよ。受かった大学に対してどれくらい不満なのか?にもよります。絶対に行きたくないのであれば、浪人をするという選択肢もしょうがないのかもしれませんが、満足ではないが、全く行きたくないわけでもないくらいならばちょっと考えるべきですね。後者の場合には、受かった大学がどこか?にもよります。例えば、マーチを目指していたが、日東駒専しか受からなかったという場合には、来年度マーチに受かれば良いが、最低でもニッコマには受からないといけない。

そうしないと、浪人が完全に裏目に出てしまいますからね。基本的に偏差値の低い大学の方が、現役のときに受かっていて、再度受検した場合に受かる確率が高いと思うのです。しかし、偏差値が高い大学になればなるほど、現役のときに受かっていた大学でも、浪人して受からない可能性も増します。そういう意味では、現役のときに日東駒専には受かっていた人と現役のときにマーチに受かっていた人では、再度受験してそこに受かる可能性にも差があるはずです。

だから、早慶上智を目指していてマーチにしか受からなかった場合には、浪人して再度最低でもマーチに受かる可能性はそんなに高くないのかもしれないです。それよりもマーチを目指していて、日東駒専にしか受からなかったというパターンで、再度ニッコマには受かるという確率の方が高いでしょう。東大を目指していて、早慶に受かったが不満だから、浪人した人が再度早慶は最低受かる確率というのはさらに下がると思います。

そういう傾向があると思うので、一概には言えないものの、そういうリスクは常に存在しているということがいえると思います。でも、どれだけ浪人してから勉強を頑張ったか?とかにもよるので、ケースバイケースで変わる話だと思いますから、その判断は難しいですよ。大学受験において浪人すべきか?という選択は簡単にはできないでしょう。浪人をする人は今は8人に1人くらいしかいないみたいですから。案外少ないなという気もしますが、これは一般入試以外で入学している人も含んでいるんじゃないでしょうか?

現役で進学できれば1番良いが、浪人してでも入りたい大学があって、そこに実際に入れれば、浪人をする価値は十分あると思っている人も多くいるのではないでしょうか?それができるか?どうかというのは非常に難しいところですが、自分の人生なので、自分で決めるしかありません。お金の問題とかもあるので、自分の一存だけで決められないかもしれませんが、できるだけ後悔しないようにしてほしいです。失敗する可能性もありますが、挑戦しないで後悔するのが1番後悔しそうな気もしてきます。

とはいっても、結果的に現役時よりも低い大学にしか行けなかったとか、現役時には受かっていた大学に落ちたとか、そういうことにでもなれば、現役で進学していれば良かった。と思うかもしれませんが、それは後になって見ないと分からないでしょう。だから、何とも言えません。そういった部分はもうしょうがないと思います。確実に後悔しない人生を歩むというのは、非常に難易度が高いと思います。だから、リスクがあるのは当たり前なんです。浪人が成功するか?しないか?というよりは、どれだけ勉強を頑張れて、成功させられるか?が浪人すべきか?浪人が成功するか?の秘訣になるでしょう。とにかく浪人をすると決めたなら失敗するリスクは0にはできないのだから、開き直ってとにかく勉強するしかない!失敗を恐れないで勉強するしかないと思います。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム