トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

初任給は額面からどれくらい引かれる?

初任給が出たら何を買いますか?いろいろな使い道があると思いますけど、自分の初任給の金額にあまり納得していないという方もいるかもしれません。新入社員なので、なかなか高い金額をもらえることは少ないですが、会社によって結構格差があります。そして、初任給は額面通りの全ての金額を貰えるわけではなく、そこからいろいろな費用が引かれて支給されます。初任給からどのくらい引かれるのか?というと、会社によって、給料の金額によって違います。

ただ、だいたいを言ってしまうと、ある程度の範囲には収まっているはずですよ。引かれる金額自体はそんなに違いが生まれるものでもないと思います。だいたい給料から引かれるのは、雇用保険、厚生年金などの社会保険料、そして所得税、住民税などです。これ以外にも会社で独自に積み立てているお金などがあれば、それも引かれる可能性がありますが、だいたいこの3つくらいは共通しているような気がします。これから合計でどれくらいになるか?というと、3~4万円くらいでしょうか?

だから、初任給が20万円とすると、16~17万円が手取りの金額ということになります。結構ひかれるんですよ。初任給をもらって、初めて給料から天引きされる金額がとても多いということに気付く方も非常に多いです。初任給からどれくらい引かれるか?というのは企業によって異なるので、これより少ない場合もありますし、多い場合もあるかと思います。だから、給料っていうのは額面と手取りがあるということで、それらについて理解した方が良いでしょう。

すでに知っているという方も多くいると思いますけど、額面から税金とか、社会保険料とかを引いたのが手取りで、これが受け取る実際の金額です。いわゆる年収に相当するのが額面で、年収というのは、実際にもらえる金額では無い場合が多いです。そこから諸費用を引いて、残った金額が手取りで実際にもらえる金額になります。年収300万円という人は実際は250万円とかになるのでしょうか?そういったことがあります。

給料は毎月もらえますが、この引かれる費用だけでも相当な額にのぼるということです。初任給をもらったときにはこういった費用が引かれて、意外と少ないなと感じることもあるかもしれません。少ないなと感じるだけで終わるならまだマシでしょう。一人暮らしをしている方などは、給料の1万円や2万円の減少は非常に響きますよね。だいたい一人暮らしは平均して10~15万円くらいかかるとされているので、諸費用が引かれた後の初任給の手取りが15万円程度だと、かなり生活が逼迫する可能性があります。

実家に住んでいると、発生する費用がそれほど多くありませんから、15万円程度であっても、別に生活に困ることはないでしょう。しかし、一人暮らしだと、初任給の手取りが少ないと、貯金なんてほとんどできませんし、毎月ギリギリの生活を強いられることもあります。赤字というケースもあるかもしれません。この金額を基準にこれから仕事をしていくとなると、凄い不安、毎月ちゃんと給料だけでやっていけるのか?不安という方もいるかもしれません。

確かにそういう面はあるでしょうね。毎年給料が少しずつ上がっていくような会社であれば良いかもしれませんが、多くの会社はそういう保証がありませんから。給料が上がらないことは不思議ではない。そんなところもあるので、薄給が当たり前みたいなところも多いですし、そういうところに勤めていると、本当に未来に希望が見えづらいですよ。初任給の金額が少ないと、そういうフラグみたいなところも感じられて、これからどうなるのか?と不安な新入社員もいるかもしれません。初任給の平均は20万円前後なので、それより少ないところは、そういう可能性があるということかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム