トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公務員試験の面接カード、履歴書の職歴にアルバイト歴は入る?

公務員試験の面接カードや職歴にはアルバイト歴って記入するべきでしょうか?気になる方もいるかと思いますが、転職とかであれば、絶対に正社員歴になると思いますが、新卒であればアルバイトも書いて良いような気もしますね。または既卒で正社員歴がないという方も。そして、民間企業を受ける場合にもアルバイトは書いている方が多いと思います。その流れからすると書いて良いような気もしてきますが、そうじゃない場合もあるのです。

例えば、特別区は今もそうか?は分かりませんが、面接を受ける前に渡される面接カードには職歴を書く欄があるのですが、そこにはアルバイトを書いてはいけないのです。「(アルバイトは除く)」と書かれているので、アルバイトは書いてはいけないのだと認識できます。そうなると、実際に職歴欄として、アルバイトを書くべきじゃないと思っているところがあるという前提になるならば、書かない方が良いのか?と思うかもしれませんが、そうとも言い切れない面もあります。

それは特別区の場合になりますが、このケースでは「()」で書かれているからです。つまり、但し書きで書かれているので、これは普通に考えたら例外を示唆しているのではないか?と思います。アルバイト歴は職歴に書くべきじゃないという認識がもはや常識だというのであれば、いちいち但し書きでは欠かないでしょう。それがそういう風に書かれているということは、常識としては、アルバイト歴は書いても良いが、うちでは書かないでね?という意思表示の表れだと思います。

つまり、特別区は例外という見方もできるのです。実際、職歴といった場合には、正社員歴だけに限定されるという風潮や常識はないと思います。だから、何も書かれていなければ、派遣やアルバイトで働いていたときのことも書いて良いのではないか?と思われますね。したがって、但し書きがなければ、アルバイト歴を書いても客観的に問題があるとは思えないのです。だから、書いても多くの場合で問題はないと思いますよ。

アルバイト歴を書いてはいけないと言われて、アルバイト歴を書いたらさすがに落ちる原因になってもしょうがない気もします。しかし、そういうことが書いていなければ、もしアルバイト歴を書いても落ちる原因になんかならないです。それはみんな書いてくるから。書いてくる人が多いから、いちいち不利になりようがないのです。アルバイト歴は除くといった但し書きがなければ、だいたいみんなアルバイト歴は書いてくるので、みんながみんな書いていれば不利になることはありません。

実際、そういう注意でもなければアルバイトを書いてはいけないということはないと思いますし、そもそもアルバイト歴の有無は面接の合否にはそんなに関係ないでしょう。しているから有利になるわけでもないですし、していないから不利になるわけでもありません。アルバイトをしていて、それが面接カードとか、履歴書に書かれていれば、それが面接中に聞かれる可能性もあるということくらいだと思います。だから、気にしてもしょうがないと思いますよ。

公務員試験では、そういった細かいことも考慮しないといけないわけですが、基本的には面接の内容で決まるはずですから、バイト歴、職歴の欄が新卒、または既卒職歴なしの人がそんなに細かく見られているとは思いません。同時に学歴を書く欄もあるはずですが、そこだって、そんなにまじまじとは見られていないでしょうから、それと同様だと思います。面接を頑張って、なんとか合格を掴んでほしいと思います。公務員試験の面接も結構厳しい時代になっていますから、しっかりと対策をしましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム