トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

希望を伝えて親同士が結婚相手を探す代理婚活はメリットが大きい?

「代理婚活」なるものが巷で流行っているようです。テレビなどでも紹介されているようで、そういった動きが以前より増してきているのは事実でしょう。代理婚活というのは、結婚を希望する本人ではなく、その親同士が息子や娘の営業をするような形で、希望の相手を探していくタイプの婚活なんだそうです。婚活のやり方も随分変わってきていて、ついには親が出てくるまでになったか。そのうちに代理人を雇う時代がくるんじゃないか?と思えてきますね。

本人が忙しかったり、出会いの場がなかったりすると、結局自分以外の人が動かないと、益々チャンスが無い場合も少なくないでしょうから、そういう意味ではこういうやり方は一応合理性はあると思う。現在は明らかに少数派なので、違和感を覚える人がいるだろうが、違和感を覚える理由があるとすれば、少数派ということくらいだと思いますよ。婚活に親が出てくるなんて・・・。という意見もあるかもしれないが、そっちの方が結果成功率が上がるとすれば、誰だって親にやってほしいと思う気がするんだけどね。

大切なのは良い人とめぐり合って、結婚をすることなんだから、それを達成するために誰が動くか?の違いでしかない。親の代理婚活がダメならば、結局それに類するお見合いとかもダメだと思うんですよね。あとは結婚相談所とかもね。あれだって、自分で相手を見つけているというよりは、アドバイザーからの紹介などのケースも多くあり、結局自分以外の人が動いている例であって、別に代理婚活の一種だと思いますよ。デートのセッティングとかもしてくれるんでしょう?全然一緒じゃないですか?

そして、代理婚活の最大のメリットは、親同士が納得して結婚の話が進むため、親に反対されるケースは100%ないという点です。円満に結婚ができ、お互いの家族が付き合えるということではないでしょうか?結婚を反対されるケースも多々あるでしょうから、そういう目に遭っている方々は辛いでしょうね。それがほぼありえないのが代理婚活の良いところです。これは親がやる代理婚活以外にはありえない部分です。

あとは親が捜してきた相手を本人が気に入るか?どうかの問題で、そこが問題なければ、何ら変わらない普通の婚活と同じように見えますよ。自ら結婚相手を探すのは、従来の恋愛結婚くらいしかないでしょう。結婚相談所に頼る場合や親が動く場合、それ以外のお見合いの場合なども、結局は代理婚活に思えますけどね。このやり方が今度浸透するか?どうかは、成功例がどれだけ出てくるか?次第かもしれません。これが実際にどこまで上手くいくか?が分からないので、何とも言えませんね。

親が動くってことは、それだけ親は子供に結婚して欲しいと思っているということでしょうか。子供が実際どう思っているのか?も問題ですよね。本当に結婚したいと思っているのか?あまり思っていないで、親だけが熱心になってしまっているというのならば、さすがにでしゃばりすぎというか、無用な干渉をしているだけに思えてきます。いろいろなやり方があって良いと思いますが、代理婚活というのも、今後ある程度主流の方法になっていく可能性もありますね。

結婚する人は今後減っていく傾向にあるので、結婚相談所とかはどれだけお客さんを集められるか?は重要問題でしょうね。代理婚活を含めて、その他の方法で結婚をしていく人たちが増えてしまうと、ある意味困るわけですが。結婚する人たちが減少すると思われているからこそ、いかに結婚する意思を持っている人たちが、結婚相談所を利用してくれるように仕向けないといけません。そうなると、代理婚活に含まれる利点などをどうやって吸収していくか?が鍵になるでしょうか?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム