トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定が取れる気がしない、とれそうにない就活生がとるべき策

就職活動をしているが、どうも内定がとれそうにないと感じている人もいると思います。結構、長い期間を費やしてきたが、このままだと確実に内定がとれそうにないと実感をしている人もいると思うのですが、そういった方は1度自分の行ってきた就職活動を見直してください。長い時間をかけて就職活動をやってきたのに、内定がとれていない、そして今後もとれそうにないということは、そのまま続けていても同様の結果になるかもしれません。

また、始めて間もないが、早くも内定とれる気がまったくしないんだけど?という方も中にはいるのではないでしょうか?そういった方も同様に今後自分が行っていく就職活動のやり方について考えてみる必要があります。就職活動で内定がとれない、または取れる気がしないという方は原因があるはずです。それは結局ライバルが多すぎることです。ライバルというのは、自分以外の就職活動を行っている学生の数です。すでに就活をやっている方は自分で実感していると思います。

始めたばかりの方はこれから実感するでしょう。説明会や集団面接、グループディスカッションなどを通して、こんなに多くの学生が、この企業を受けに来るのか・・・?と驚いた記憶もあります。1つの企業に対して、相当多くの学生が応募して、選考を受けにきているのです。その中でいかにして内定をとるか?それを考える気も起きないくらいに学生が多いなと感じることもあるかと思います。大企業とかでない限りは、1つの企業が採用する人数は多くて50人とかでしょうか?平均10~20人くらいだと思います。中小企業はこれくらいでしょうね。

その企業に対して、1回あたりの説明会で何十人と来ていて、それが何回か行われているわけですから、10~20人の募集に対して数百人は受ける計算になり、倍率は10倍は悠に超えているでしょう。平均数十倍くらいの倍率になっていると思います。そういう数字を目の当たりにすると、とても内定を取れる気がしないと思えてくるのもしょがないと思うのです。そりゃ当たり前です。皆さんが使っているナビサイトは、少数が使っているわけではなく、ほぼみんなが使っているからです。有名なサイトを恐らく利用していると思いますが、そういったところは他のみんなも使っているので、そのサイトに載っている求人というのは、当然人気になりがちですよね。

人気のサイトに載っている企業に多くのエントリーが集まって、そこにたくさんの学生が受けに来て、倍率も上がるという、改めて考えてみると当たり前の構図が浮かびます。つまり、この構図の中で戦っている限り、常にあなた方は高い倍率の中で勝負を挑んでいるということになり、当然内定もとりづらくなってしまうのです。ということは、倍率がそれほど高くない中で戦えば内定が取れる気がしてくる。現実的に内定が取れる可能性が上がるということになります。

それはどうすれば良いのか?ナビサイトを変えることです。人気すぎるサイトは確かに求人も多く載っていて、選べる余地が多いなど便利ですが、内定を取るためのことを考えると、意外と知られていない、そこまで有名じゃないというか、就活生があまり使っていないサイトを登録して、利用すると良いと思います。就活生があまり使っていないということは、それだけそのサイトから、そのサイトに載っている企業にエントリーをする人の数が少ないということになり、結果、選考を受ける人数も少なくなって、倍率が下がり、内定が取りやすくなる可能性が上がると思います。

例えば、「いい就職.com」はそういった要素を兼ね備えたサイトになります。始めて名前を聞いたという方も多いですよね。ということは、新卒の学生は多くがここを知らないということであり、ここを利用していないということです。そうなると、すでに説明したような状況が発生し、倍率が下がるために客観的には受かりやすくなる可能性があります。このいい就職.comでしか募集していない企業や開催していないセミナー説明会もあるので、本気で内定が欲しい方、卒業までに決めたい方などは、内定がもらえる確率を上昇させられるかもしれないので、良かったら参考にしてほしいと思います。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム