トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

年賀状を出す人は毎年減少傾向!年賀状は紙や資源の無駄か?

毎年多くの年賀状が届いている方も多いと思いますが、私はもう10年くらい年賀状を出していないと思います。1番最後に出したのは高校生の頃でしょうか?その頃は、そもそも連絡網みたいなのもなくなっていたので、住所も聞かないと分からないので、もう年賀状を出す雰囲気がありませんでしたね。ただ、そのときにも何枚かは着た気がするんです。それに対しては返事を出していたと思いますが、そのときから年賀状は出す枚数も減り、結局出さなくなりました。

それ以降はあけおメールをたまに出していたと思いますが、それくらいですね。そのあけおメールも着たときには返信をしていますが、着ていなければ出さないって感じで。ほとんど新年の挨拶的なものは家族以外やっていないと思います。年賀状を出していない人は年々増えているみたいで、メールやLINEでそういったやりとりができる時代だからこそ、若い人はそういった手間のかかる手段をほとんど選ばなくなってきています。

そして、年々年賀状の枚数は減っているようで、いずれ消滅するのでは?と言われています。消滅するか?どうかは分かりませんけど、消滅はしないと思いますよ。少しは残ると思います。メールができても手紙はあるわけですから、年賀状を出す人は残るとは思います。ただ、いずれほとんど世間から注目されない存在になるかもしれないですし、お年玉年賀ハガキとかもなくなるかもしれないですね。数が少ないと、そういったイベントもやりづらいでしょうから。

大人になると、人付き合いが減る方が多いと思います。それは仕事関係で仕方なく付き合っている人はいるが、仕方なくという理由であって、仲が良い人たちというわけではないでしょう。年賀状というのも、基本的には義務的な挨拶みたいなもので、送りたくはないが、送らないとマズイから、そういう風潮に縛られて送っているという人がほとんどでしょう。実際、年賀状は紙を使っているわけですよね。そうなると、資源がムダだと指摘している人もいるわけですよ。

それを言ってしまうと、メールがあるのだから、手紙や封書、ダイレクトメールなんかも全部いらない、不必要ということになるでしょうから、そこまで言って良いか?は分かりませんが、少なくとも年賀状は特別出さないといけないわけではないでしょう。出さなくて困るか?っていうと、困ることはほとんどないと思います。それこそ電話で良いと思うし。数が多くて無理なら、メールで良いし、職場の人間なら、1月1日に年賀状が届いたとしても、1月4日くらいには多くの人は職場で会うわけですから、3日くらいの辛抱で済むなら、いちいち新年の挨拶を丁寧に送らなくても良いのでは?と思います。

年賀状は紙がもったいないとかいう点もありますが、一部で出したくないけど、出さないといけない人たちが存在している。その風潮というか、圧力によって出す必要のない年賀状が生まれているんですよね。本当はメールで良いじゃん?って思っているけど、仕事上出さないといけないという方もかなり多いと思いますよ。若い人は特にそうかもしれないです。これは難しい話ですけど、年賀状にこだわらないような寛容な雰囲気と言うのは、もう少し出せないものでしょうか?

実質強制的に年賀状を書いているような人も世の中にはいると思うので、今後年賀状を出すのはほとんどそういった人たちだけになっていく気がします。そういう人たちもどんどん減っていく気がしますけどね。貰った方としても保管が大変なので、ずっと過去に貰った全ての年賀状をとっておくわけにもいかず、いずれ捨てないといけない日がくるかもしれませんが、捨てるという決断を下すのもまた大変だと思うのですよ。だから、データにした方が良いのではないか?と思いますよ。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム