トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

仕事が遅い、できない人でも残業代が出ないのはおかしい

会社で残業をするという社員も少なくないですが、これが当たり前になっている昨今の事情を見ると、異常な感じにも思えてきます。残業をしないといけない理由は、会社のせいなのか?社員のせいなのか?というのは一概に言えません。会社が任せる仕事の量が多すぎるのか?社員の仕事のペースが遅いのか?でも変わってくるからです。ただ、後者に理由があったとしても残業自体が何故正当化されるのか?はよく分かりません。

残業自体は法律の範囲内であれば、給料をきちんと支払ったうえで命じることができます。カルビーの社長が残業自体を批判したことでも有名になりましたが、そもそも残業があるならば、法定労働時間っていうのは何の意味があるのでしょうか?残業自体は、月で限度が決められているので、それ以上はやらせることができないということになっています。現実的には給料が支払われないものや限度を越えた残業も存在しているので、それが問題になるのです。

法律を基準にするならば、残業自体はさせて良いという解釈であって、残業自体がダメとは言いがたいのでしょう。ただ、残業はどんなものでも好き勝手にやらせて良いわけではなく、根拠が必要なのです。残業を課すための正当な理由ですね。また、中には残業の進捗度が遅いから、残業代が払えないとか、そういうことを言ってくる会社があるみたいです。これはサービス残業を強制させるための口実に過ぎないのでは?と思えてきます。

これに関しても本当に遅いから残業代が支払えないということは理屈からいってもおかしい気がするんですよね。その社員を雇ったのはお前らだろうと思うのですがね。法律上は、仕事が遅いというのは、わざと遅くやっている場合は、残業を命じられてもいないのに、勝手に残ってる場合には残業代を支払う必要はないとされています。ただ、仕事が遅いから残業する羽目になったとしても、客観的に見て、致し方ないという部分がある程度認められる場合においては、残業は出さないといけないのです。

正社員は1度雇うとリスクになるのは、誰でも知っていると思うんですけど、1度雇ってしまったら、よほどの場合を除いて、仕事の能率が悪くても、それだけじゃクビにできないし、そのせいで残業になっても、その社員が精一杯やって、その能率ならば、そういう社員を雇った会社が悪いということになってしまいますよね。したがって、会社が任せる仕事量が多すぎる場合も、社員の仕事が遅い場合も、基本的には給料は払うべきだと思うんですよね。

それか会社側としては、そういう社員を抱えるリスクを嫌いならば、作業能率などを確認して、インターンシップとかをやったり、新卒採用を止めて、バイトを正社員にしたり、工夫できる余地はあると思います。使えない社員がいるのはどこの会社も一緒ですよ。ただ、それは使えない社員が紛れ込みやすい採用方法をとっているからだと思うんですよね。面接とか数回やっただけで、人柄はある程度見ぬけても、仕事の出来、不出来は普通は分からないと思うんですけど。そういうやり方にどこの企業も固執していれば、そりゃ使えない社員も紛れ込むでしょう。

会社の命令による(黙認も含む)残業がある限り、ちゃんと働いた時間は残業代を貰う権利がある。能率が良い、悪いは別問題だということです。弁護士が指摘しているのは、仕事が遅い人間でも、働いた分の残業代は出さないといけない。それが嫌ならば、仕事が遅い人間には残業を課さないようにするしかない。だそうです。そういう能率が良くない人間は、雇った時点である意味お荷物みたいなところがあるのは、その通りかもしれない。ただ、雇ったほうが悪いわけだから、少なくとも真面目に仕事をやっているのならば、、個人の能率に差が出てくるのは当たり前であり、平均より遅い人がいるのは当然です。全員が平均より早いとか、平均の概念からしてありえないわけだから、仕事が遅い人がいることをおかしいと思うことがおかしいと思うのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム