トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活が終わらない、死にたいと思っている人がとるべき手段

就職活動をしていても、なかなか内定がとれない、終わる気配がないという学生も多いかな?と思います。時期的には、そういう悩みを抱えた学生が多くいると思うのですが、これは毎年多くの就活生が陥っている状況で、内定がとれれば問題ないが、とれなければ、毎日そのことで頭がいっぱいでしょうがないという状況になってしまうので、非常に悩ましい問題だと思いますが、こういった問題に対処するには、就職活動自体の捉え方を変えるしかありません。

内定がとれない原因の中には、取り組み方が実は間違っているということも多々あると思うからです。そういう方にとっては、取り組み方を見直してみるというのも1つの手段になると思います。それは具体的何なのか?というと、ナビサイトの選び方です。皆さんはどういうところを使って就職活動をしてきましたか?恐らくですけど、他の就活生が使っているような、有名なところを使ってきたのではないでしょうか?やっぱり、有名なところや多くの就活生が使っているようなサイトを使わないとマズイような風潮、流れみたいなものがあると思いますし、みんなが使っているならそこが正解なんだろうと考えてしまうのも無理はないかもしれません。

しかし、そこに落とし穴があった!?という場合もあります。それは何故か?そういうみんながみんな使っているサイトって、要は登録している人が無茶無茶多いわけじゃないですか?そして、実際にそこを利用している人がかなり多いということを意味しますよね。すると、どうでしょうか?そこで起きていることは?というと、無茶苦茶覆い利用者が、それぞれ好き放題にエントリーをしているわけですから、そういう有名サイトに同じく登録している企業に対するエントリーが相当多くなるということを意味しているはずです。

利用者数が多いのだから、彼らが行うエントリーの数の合計がそれだけ多くなるという理屈は分かりますよね?エントリーが多くなれば、なるだけ企業は多くの応募者を抱えることになります。すると、応募者が多いということは、1企業あたりの倍率も非常に高くなってしまいがちということになります。つまり、倍率が高くなってしまって、内定が取りづらいということになるのです。こういう仕組みが実は存在していたことを、今日の今日まで知らなかったという方は多いでしょう。そして、これが有名サイトを使うことの落とし穴です。

やっぱり有名で、多くの人が登録して使っているサイトの方が信用もあると思うんですよ。信用があるというのは間違ってはいないが、実はデメリットの部分もあったということになります。それを是非知ってほしいのです。じゃあ、具体的にどこを利用すれば良いのか?というと、例えば「いい就職.com」などがあります。ここは恐らくですが、名前も聞いたことないという方がいるかもしれません。しかし、そこがメリットになるということは既に説明をしました。そう、名前を知らないのは貴方だけじゃない!他の就活生も同じです。すると、ここを利用している新卒の学生はえらい少ないはずですよね。

そうなれば、利用者数が少ない→エントリーが殺到しない→倍率が上がりづらい→内定が取りやすくなるという理屈が出来上がるわけです。このいい就職.comを利用する学生が少なければ、それだけ1つの企業にエントリーが集まりにくくなるので、そこは非常に有利な状況になります。そこを突いていくと、内定を取れる確率が上がる可能性があるということです。このいい就職.comは、無料登録、利用可能ですし、ここでしか開催していないような説明会などのイベントもあるので、是非見てほしいと思います。

皆さんが日頃何気なく使っていた就職活動のナビサイトには、そういった落とし穴というか、デメリットがあったかもしれないのです。したがって、その点に留意して就職活動を見直していくと、内定をとるために何が必要か?どうすれば内定に近づけるか?内定を取る確率を上げる条件は何か?が分かってくるのではないでしょうか?今回紹介したいい就職.comはそのときの1つの参考になればと思います。ここしか載っていない求人もありますし、ここは新卒の他に既卒や第二新卒の就職活動の面倒も見てくれるので、頼りがいがあると思います。良かったら参考にしてみてください。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム