トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

分数の計算ができな理系の学生の問題が今の日本の教育失敗を表す

分数の計算が出来ない大人や大学生が増えているという。増えているっていうか、昔からいたと思いますよ。文系なら高校以降数学ないし・・・という見方もできるかもしれないが、理系の学生でも分数の勉強ができない人がいるらしい。私は「へえ」くらいにしか思わない。それの何が問題?としか思わないのです。これを問題だと感じる人がいるというのが、私の考える今の教育問題だと思うんですよ。というか、私は極論を言うが学校で勉強を教える必要はないと思っている。

いわゆる国語、算数、理科、社会などを教える必要がないと思っている。全部を教える必要がないと言うつもりはないが、大部分はいらないと思っている。それは何故か?ネットで探せば答えが出てくるからだ。また、一方で学校で習った勉強は役に立たないと言われることもあります。それは実際間違っていないと思います。するとだ、今の教育の問題は役に立たない知識をあらかじめ植えつけておくという無駄の部分にあるんじゃないか?と。

先ほどあげた理系の学生が分数の計算が出来ないという問題ともリンクしているが、彼らが何故できないか?というと、簡単な話なんだが、使う機会がなかったから=できなくて困る事態が発生しなかったからとも言えます。つまり、できなくても問題ない人生を歩んできたならばできないことは問題ではない。今後それが問題になるときがくれば、改めて勉強をすれば良いということになる、つまり、必要な場面で必要な勉強を自分自身ですれば良いのであって、あらかじめ学校でまとめて教える必要はないとうことなのです。

それをあらかじめまとめて教えた結果、大半は役に立たないと揶揄されているのです。これが無駄な時間と言われてもしょうがない部分だと思うのです。だからこそ、学校では必要最低限の日本語や漢字、あとは四則演算などを教えておけば良い。あとは自分が必要になったときにggれば良いのです。学校の果たす役割が実はあまり小さいということが、今回取り上げた理系の学生が分数が出来ないことの問題の本質だと思いますよ。

それだけ役に立たないこと、使う機会がないものを教えてきたという根拠になるわけですから。分数の計算ができなくて、理系の学生が困らないのであれば、文系の学生、それ以外の大人も多くはそうだと思う。あとは、感覚としてはできるが、数式にしたときに解けないというパターンもあるかもしれない。それは日常的に分数の計算はしているものの、数式としてはしていないからだ。例えば、ピザを分ける機会とかもあると思うが、そのときに使うのは分数の計算だが、いちいち頭の中で式を立てて計算をしたりはしないと思う。

無意識のうちにやっているが、恐らくできている。でも、それを数式でやれと言われると、数式で解く場合のルールを知らないといけない。だから、解けないというパターンもあると思うから、分数の計算ができない人が分数の計算を必要とする場面に遭遇しても、困るとも言い切れないと思うのです。無意識のうちに分数の計算が出来てしまっているケースは多々あるでしょう。だから、実際学校で習ったことが学校で出される問題形式のようになっていると解けないが、そうじゃない場合にはできるというケースも往々にしてあると思うから、この問題を問題視する人間がいれば、それがそもそもの教育の問題なんじゃないか?と思いますよ。

大して必要でもないことをあらかじめ知っていないとおかしいとする風潮があるということですが、それ自体がおかしいこと。意味のないことなのでは?とするの私の意見です。分数の計算自体、数式として使うケースとは日常生活ではほぼありえないといって良い。特に普通に生きている人は。理系の学生でも使わないならば、普通の人間はまず使わないで支障がない。分数は使うとしても分数の計算なんか使った記憶ないですからね。掛け算、割り算もそうだが、通分なんか日常生活で使わないから、ということは足し算、引き算も使っていないということです。だから、できなくても困らないのでしょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム