トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

人種差別にだけ過敏に反応する人は、自身が差別主義者だよね

人種差別はかなり叩かれる。先日、浦和レッズのサポーターなのか?分からないが、高校生がガンバ大阪のパトリック選手に対する人種差別と思われるツイートが話題になりました。その高校は謝罪をしたみたいだが、単なる普通の高校生1人がtwitter上でつぶやいた差別的発言がここまで波紋を呼ぶことが他にあるだろうか?と、個人的には思う。人種差別が良いとは言わないが、他の差別はほとんどここまで反応はされない。

有名人がツイートしたならニュースでも大々的に取り上げられるだろうけど、名もなき高校生のツイートがここまで話題になるというのが、なんとも解せない。それは人種差別はここまで総叩きを食らうが、それ以外の差別はほとんど何も反応がない。世の中にはいろいろな差別があるはず。それらの全てに対していけないこととは思っていないということでしょう。つまり、差別の中にもしていい差別と、してはいけない差別があるという認識なんだと思います。

人種差別を問題視するってことは、それ以外の差別ではお咎めなしの差別が存在するってことでしょう。それ自体が差別的ですよね。ある差別は無視だが、ある差別には強烈に反応し、差別している人間を非難する。これが現実に起きていることだと思うが、恐らく今回のパトリック選手に対する人種差別ツイートに対して、そういう反応した人は、その反応自体が差別的な反応だということになります。だから、差別をする人だけではなく、差別に対して過敏に反応する人も実は差別主義者だということです。

世間にはいろいろな差別がありますよ。例えば、男性はどうして長髪じゃダメなのか?女性はOKなのに・・・。そういう職場もありますよね。実際、この差別に関しては不満を嘆いている男性がいます。でも、社会全体としてはほとんど無視されているし、その差別はあってしょうがないものとして認識している人の方が多いと思う。実際、そういう規則を作って、長髪にしている男性社員はクビにはならないとしても不利益取り扱いを受けたり、注意されたりすると思います。

つまり、差別を意図的にやっているということだし、その差別を社会的に容認しているということでしょう。でも、人種差別はダメだけど、こういう容姿の差別は何で良いのでしょうかね?違いがあるとすれば、人種は変えるのは不可能だが、髪型は変えられるだろうということ。ただ、それは男性の髪型を差別していい理由にはならない。それを言って良いならば、今回の事件もパトリック選手をガンバ大阪が獲得しなければ良かったとか、今後黒人選手を取らないという手段でも実現できてしまう。

周囲を不快にするから、男性の長髪は好ましくない。そして、髪型は変えようがあるから変えないといけないならば、黒人選手が不快に感じる人がいるから、そういう選手は今後獲得すべきじゃない。そうなりますよね。どれだけ不快に感じる人がいるのか?は知らないけどね。つまり、変える手段があるから変えることが認められるなんて言ったら、物理的に変えられるもので、不快にさせているものを全部変えさせても良いのか?となる。実際、男性の長髪差別だって、そこしか理由ないですよ。不快に感じようが、お前ら我慢しろよ。というのが本来あるべき姿ではないのか?日本人は出る杭を打ちまくる人種ですからね。人と違うことをするだけで叩かれるんですから、本当に嫌な国ですよ。

私は人種差別を良いとは思わないが、他の差別との間に差別が感じられる昨今の状況を見ると、あえて人種差別を糾弾していこうという気にならない。あまり興味がない。世の中にはいくらでも差別があるが、その中で恐らく多数決による社会全体の判断なのかもしれないが、しても良い差別としてはいけない差別に振り分けられていると思う。その行為自体がすでに差別なわけだが、人種差別を糾弾している人間は、差別自体を糾弾するならまだしも、人種差別に限って非難をしているなら、それは見方を変えれば、人種差別は問題だが、それ以外の差別はそれほど問題じゃないという態度にも見える。つまり、人種差別に怒りを表している人間は、自分が差別をする人間だと言っている人に等しいのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム