トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新幹線でビールやマクドナルドの飲食に臭い、迷惑と文句を言う乗客

新幹線内での飲食ってのは、トラブルの元みたいですね。新幹線内っていうのは、基本的には飲食が可能というルールのはずです。どこまで認められているのか?ちょっと分からないものの、酒を飲んでも良いみたいなので、かなり広範に認められていると言っても良いでしょう。ただ、多くの人が乗り降りする新幹線だけに、どうしてもそういったことに関連するトラブルが起きやすいのです。通常の電車は一般的には飲食はあまり認められていないので、たまに飲み食いしている人居ますけど、少数ですね。

だから、こういう問題にはならない。というか、ならないような圧力が存在している気がします。ただ、新幹線はすでに述べたように社内で食べ物、飲み物を売っているだけに車内で飲み食いすることが前提ですよね。これはJRなどがそういうことを想定している。認めているわけです。だから、そういう行為をしても構わないという前提があるわけですが、飲み食いはOKとしても、匂いとかが強い者はやめてほしいという苦情が以前からあります。

数ヶ月前かな?そのときはビールですね。ビールはやはり匂いがするわけですよね。ビールを飲んでいる人がいて、その匂いが気になったのか?飲まないでほしいと乗客に言ったのか?分かりませんが、苦情を発した人がいたようです。あと、最近話題になったのがマクドナルドを新幹線内で食べていたら同様の苦情があったようです。マクドナルドも匂いがするらしいんです。そんなに匂ったっけ?というのが私の感覚ですけどね。

いずれのクレームはっきり言うと、モンスタークレーマーでしょう。それは何故か?言われた方は理不尽だからです。少なくとも、ビールやマクドナルドを食べてはいけないルールはないです。どこまでOKなのか?はワカラナイが、ビールは間違いなくOKでしょう。車内で売っているのだから。そして、常識的に考えたらマクドナルドもOKになると思う。逆にダメな食べ物って何か?ってなかなか思い浮かばないが、少なくともこの2つは新幹線を運行しているJRは容認すると思う。

そうなれば、乗客が同じ乗客に言っている、その文句は明らかに正当性がない。車内でやっても良いといわれている行為をやっただけなんだ。こんなことを言う人は、そのうちイビキがうるさいから寝るな!とか言ってくるぞ。別に咎められる理由もないのに、苦情を言われているのが凄いかわいそうだが、正直私なら無視するか、「車掌さんに言ってください。車掌さんがNGといえば、食べるのを止めます。でも、容認するなら食べます」と、私なら言うでしょうね。

そもそも、車内で食べても良いルールを作っている側が、そもそもこういうことを言う権利があるはずなんだよ。自分が迷惑を被っているのは分かるが、それが嫌なら新幹線に乗るのをやめるしかない。新幹線内は公共の場に近いが、JRの私的空間という性質もある。公共の場と解すれば、いろいろな人が入り混じるのだから、少々の迷惑は我慢しろと思うし、私的空間と解すれば、JRの意向に従うべきだとなる。多くの場合は今回のクレーマーの言い分は、JRによっておかしいと判断されると思う。明らかにルールに則っている範囲のことしているのに、自分がただ気に入らないからって車掌に不満を言うのではなく、同じ乗客にぶつけるのはモンスタークレーマー以外に例えようがない。

私なら上記で言ったような対応を取るでしょう。一乗客に文句を言われる筋合いはない。恐らく「マナー」とか、「常識」とか言ってくるんだろうが、新幹線内のルールを作っている人間を越えて、同じ乗客がマナーやルールを盾に自己ルールを作ってくる姿勢は、明らかにモンスタークレーマーだ。理屈から考えてもおかしい。ルールを作る権限のない人間が自分でルールを作って、それを強制させようとするんだから。マナーのほとんどはこれに当たるがな。だから、私はマナーって言葉が好きじゃない。自分の気に入らないことは止めさせて良いと勘違いしている傲慢な人間が多いのもまた悲しいですな。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム