トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

電話での欠勤連絡は時代遅れ!メールは非常識や失礼と認めない輩

会社を休みたいと思ったとき、欠勤連絡をしないといけませんが、それが憂鬱に感じられるという人もいるのではないでしょうか?欠勤連絡をするといっても、簡単に承認が降りるならば良いかもしれません。学校に連絡をするときみたいな感じで、気軽に言えるならば良いかもしれませんが、多くの人にとって欠勤連絡は修羅場に近いものではないでしょうか?本当に熱とかがあって、休まないといけないとしても、それくらいの熱なら出て来い!と言われるんじゃないか?とか、嫌そうな感じで対応されるのではないか?と考えると、なかんかしづらいんですよね。

だから、電話が怖いとか、電話したくないという人も多くいるのではないでしょうか?実際、献金連絡が電話しか認められていないというのも、その恐怖感を増幅させている所以ですよね。電話じゃなければ、直接相手の声を聞かなければ、もっと気軽にというか、恐怖心を感じずに話せるのに・・・。と思っている人も多くいるのではないでしょうか?私もそんな感じですね。メールで良いじゃん!と思います。でも、メールを認めている会社はかなり少ないと思います。

メールでは何でダメなのか?というと、1つ理由に挙げられているものは、すぐにチェックができないとかいう謎の理由です。電話はかかってきたらすぐに出るから、すぐに仕事を休むということが分かるが、メールだとすぐに見ないから仕事を休むという確認が遅れてしまうという、何とも理解しがたい理由があるのです。それはそっちの都合だろとしか言いようがありません。というか、メールがすぐに見られないって、どういう意味なんですかね?

電話がすぐに出られて、メールがすぐには見られない。いやいや、メールもすぐに見ればいいじゃん!という話だと思うのですが、私にはこの理屈が理解できないのです。電話もメールも対応の仕方を異にするものではない。見るか?話すか?の違いでしかない。メールが見られない理由がないと思うのですが。むしろ、電話は電車の中にいるときはちょっと出られませんが、メールを見るくらいならできますから、むしろ好都合じゃないか?とすら思います。

唯一まともだと思う意見は、欠勤を受けて、仕事の連絡などをする場合にメールだと、不都合だというものがあります。ただ、その場合には別途電話をすれば解決するじゃないか。メールで済む欠勤連絡はメールで終わらして、メールじゃない済まない連絡事項などがある場合には、別途電話をしてくれと、メールで送信すれば良い。それか上司の方が電話をかけるか。そういうケースはそんなに多くないと思うのだから、別にメールで欠勤連絡をしても、特に困るとは思えないし、不都合の解消方法もあるのです。

あとは、結局、感情論の部分になりそうな気がします。つまり、欠勤連絡は電話でするものだ!メールなんて言語道断!というワケのワカラナイ、非合理的な考えの人がいるんですよ。電話じゃないといけない合理的な理由なんかないが、ずっとそうしてきたのだから、お前もそうしろ!と強要する人は多いと思いますよ。理由なんかないが、オレはメールが嫌いだから、メールでは欠勤連絡はしてはいけない。という、何とも独裁者みたいな言い分をしてくる人も多分いるわけですよ。見ていると、やっぱりメールを使った欠勤の連絡は非常識や失礼という言葉を言う人がいます。

理由になっていないでしょう。失礼や非常識っていうのは、具体的に何が問題なのか?さっぱり分からない。つまり、オレはそれを認めないが、詳しい理由は説明できないと言っているのと同じです。失礼や非常識っていうのはただの感情論で、その感情論でOKというならば、こちらも「いやいやメールは失礼でもないし、21世紀には常識的な方法でしょうよ!」と返したら、どう反論するんですかね?失礼や非常識って言葉に根拠なんかないんですよ。それは人々が抱いている感情から出てきている言葉だから。さらに言うと、失礼や非常識だったら何が問題なの?と言われたらどうするのでしょうか?コピー機とか、便利なツールは平気で使うのに、メールで休むときの報告をしてはいけないって、意味が分からないです。電話にはないような致命的な問題点を指摘するとか、電話の優越性を指摘するとか、そういったことができないと、理由にならないでしょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム