トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

選挙をネット投票にしたときの問題点とは?デメリットはわずかでは?

選挙の話題になると必ず出てくるのがネットからの投票は何でできないんだ!?というものです。ネットから投票ができれば投票率も上がるし、便利だし、ということで、そういう声が多くあります。ネット投票は技術としては恐らく可能なんでしょうけど、反対の声もあります。そして、問題点もいくつか指摘されています。そのうちの1つが本人確認ができないということです。つまり、携帯電話にしろ、パソコンにしろ、それを使って投票したのが本人か?分からないということなんでしょう。

ただ、それって今はどうなっていますか?選挙当日、ハガキを持って行って、本人確認なんかしないですよね。ハガキの持ち主=本人と見なしています。だから、身分証明書の提示を求められないんだから、今だって本人確認は確実に行われていません。つまり、現状では、本人以外の人がハガキを持って投票に行くことも可能でしょう。すると、本人確認に関しては、国はそこまで重要視していないのでは?となります。

そして、もう1つの問題点として指摘されているのは、買収されて投票する人が出てくるかもしれないということです。それは投票所の投票であれば、投票した本人が買収されても、その指示通りに投票しているか?どうかは確認が困難ですが、パソコンや携帯電話では、確実に確認できるため、お金を支払って投票を誘導することが可能になりやすいということなのでしょう。ただ、これも問題なんですかね?というのも、結局これって組織票と一緒じゃないですか?

で、組織票って国は容認しているわけですよね。組織票と完全に意味合いは同じじゃないかもしれませんが、これって今でも行われているし、直接投票するところを見られないとしても、そもそも投票先が決まっている人は多くは買収には乗らないだろうし、投票に行く気が元々ない人がお金で釣られて投票に行くという場合には、見られていないからといって、わざわざ指定された投票先を買えて投票するメリットはありませんよね。結局、投票するアリバイつくりのための何も考えていない人が投票に行くケースと大差ないと思います。

そして、そもそもお金で釣られるにしろ、協力をお願いされるにしろ、そういう他人による投票行動の変化というのは起きていると思いますよ。組織票だって、毎回決まった投票先に多くの人たちが協力を要請されているようなところもありますよね。自らここにしか投票しないと決めている人も中にはいると思いますけどね。お金の有無はともかくとして、誰かに投票先を指定して要請することは自体はそんなに問題ですかね?

お金を渡して投票先を指定してしまうと、結局お金持ちの指導による政治になってしまうみたいな、飛躍すればそういう話にもなるかもしれませんが、現状はそれが高齢者になっているので、結局起きていることは一生でしょう。選挙の趨勢を牛耳っているのは、高齢者ならば、それがお金持ちに代わったとしても、何が問題なのでしょうか?買収が仮にOKになったとしても、現実的には金持ちによる政治になるとは思えませんが。他人に構わず投票する人が現状でも多いでしょうし、現状でもやろうと思えばできるのだから、現状で問題ないならば、ネット投票になると数は増えるかもしれないが、そんなに問題でしょうか?

現実的に特定の層に有利な状況が生まれてしまうのであれば、それが高齢者か?お金持ちか?の違いでしかない気がするのだが、お金持ちが選挙の趨勢を握ることがそんなに問題ならば、現在の高齢者が有利な状況は何故問題ではないのか?高齢者が趨勢を握っているというのは現実的にある程度存在するが、買収OKになっても、金持ちが趨勢を握るとは現実的には思えないわけだが。そして、買収自体は今でも起きているだろうということを考えると、別にネット投票を可能にしたところで、今よりも致命的な問題が起きるとは思えないのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム