トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

指定校推薦は建前上は辞退不可だが、別に辞退したって良いだろう

大学入試において、指定校推薦ってありますよね。これはあらかじめ各大学側が各高校に学部ごとの人数を割り振って、学内で成績によって選抜されたものが受けられる試験で、学内で選ばれればほぼ合格するというものです。大学のランクが高ければ高いほど、人数は少ないし、学内での競争も激しくなり、受かるのは難しい。ただ、そんなに偏差値の高い大学じゃなければハードルも低いし、希望者も少ないため、受かる可能性は高くなるのです。

ただ、この指定校推薦は1つの問題を抱えています。それが辞退が基本的にできないということです。辞退ができないっていうのは、法律上の問題ではなくて、制度の問題なので、辞退をしようと思えばできます。ただ、その場合には大学側は怒るでしょうし、来年以降、その高校への指定校推薦の枠が減ることになります。それが後輩に迷惑がかかるといわれて1つの圧力になるんですよね。18歳の高校生が決断をして、後でやっぱり行きたくなくなるというのは、珍しいことでもないような気がします。

指定校推薦の場合には辞退もダメだが、入学後の学生生活によっても、翌年の指定校推薦の枠に影響があるとされています。つまり、留年をしたり、中退をしたり、何か問題を起こしたりすると、それが全て後輩への迷惑と言う形で非難されるわけです。そんな学生生活嫌ですよね。つまり、辞退がダメだから、嫌々入ったが、仮面浪人をして別の大学に入りなおすのもダメだということになります。ダメっていうのは信義則の観点からの問題であって、別に法律上それを強制させることはできないでしょうけど。

つまり、自分を優先させるならば、辞退などはOKだが、多くはそれ以外の高校や後輩を優先させろといってくる。別にどちらが正しいとも思えないのだが、私は別に辞退したって良いと思うんですよね。私は指定校推薦に興味がなくて、利用しようと思ったことがないというのもあるのだが、後輩への迷惑をそもそも何で考慮しないといけないか?が問題なのです。例えばね、今SEALDSが有名じゃないですか?彼らが報道されるようになってから、彼らの出身大学、例えば明治学院大学の評判が落ちているみたいなんですよ。

じゃあ、彼らの行動はすべきじゃなかったのか?というと、そんなことはない。別に犯罪行為に発展しないものであれば、それを客観的に非難できる根拠はない。ただ、その光景を見て嫌悪感を発する人が多いというだけ。その結果、同じく明治学院大学の後輩が嫌な思いをしたとしても、別にそのSEALDSのメンバーを咎めて良い理由にはならないでしょう。在学生、後輩らの一切迷惑にならない生き方をしろというのが正しいとは思えないのです。だから、指定校推薦の場合には一応約束はしたわけだが、ただの口約束に近いわけで、辞退によって後輩に迷惑がかかることの一点を持って、辞退はNGとするならば、他人に迷惑をかけずに生きろということになる。私たちの生活の自由が相当制限されることになる。

そもそも、指定校推薦が先輩の活躍如何で枠が決まる制度と解するならば、枠が増えることに貢献しない先輩の大学生も非難して良いってことになる。枠を減らすような原因を作った学生が叩かれるならば、おいおい!お前らがもっと大学生活で頑張って枠を増やす努力をしてくれよ!と言うこともあながち間違っているようにも思えない。後輩のために先輩が行動することを強いるならば、当然こういう主張だってできるわけですよね。でも、こういう主張は聞かれない。

また、指定校推薦が先輩の活躍によって生まれたものなのであれば、先輩の活躍が無ければ本来存在しなかったわけですよね。つまり、先輩の行動如何でその枠が消滅したり、減ったりした場合に、文句を言えるのは、せいぜいその活躍した先輩くらいでしょう。後輩はただ、先輩が残した恩恵を受けられなくなっただけなので、その恩恵自体に生徒は何らの貢献もしていない時点で、文句は言えないと思うのですよね。その大学の枠が存在するのは、卒業生である特定の先輩らのお陰であって、在学している生徒は何の貢献もないわけだから、枠が消滅したりして文句を言っても不自然じゃないのは、その貢献をした先輩だけじゃないですか?

さらに言ってしまうと、指定校推薦の枠がある高校から消えたとしたら、その消えた枠は消えたままですか?違いますよね。別の高校に指定校推薦として枠が増えるか?それとも、一般入試など他の受験方式の定員が増えるか?なるでしょう。ってことは結局、全体でプラマイ0ですよね。自分の高校の枠が減ったとしても、別の高校やその他の受験方式を受ける受験生の枠が増えるのだから、自分の出身高校の生徒らにとってはマイナスかもしれないが、それ以外の高校の生徒らにはプラスなわけだ。逆に言うと、自分の高校の先輩が頑張って枠が増えると、別の高校の枠が減ったりする。それは別の高校の生徒らにとってはある意味迷惑とも捉えることもできる。ゼロサム理論を前提とするならば、後輩への迷惑という理由は、どうでもよくなるというか、誰かが迷惑を被れば、誰かが得をするという構図でしかないので、あえて自分の出身校を特別扱いしないといけない理由がないならば、辞退をしても別に良いじゃないか?となりますが。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム