トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

Youtuberの動画は確かに面白いが、彼らになれるのはほんの一握り

Youtuberという言葉が聞かれて久しいですが、私も彼らの動画見てますよ。というか、Youtubeを利用していれば、少なからず、動画再生によって投稿者の収益に貢献しているケースが多いと思います。私が見ているのは、有名なYoutuberの人による動画もあれば、どこの誰かも分からない人たちが投稿しているものもあります。中でも有名なのはSEIKINさんですかね?HIKAKINさんはCMに出たり凄い有名じゃないですか?

SEIKINさんはそのHIKAKINさんのお兄さんになります。兄弟揃ってYoutuberなんですね。SEIKINさんは基本的に収入のほとんどはYoutubeからの収益になっているようです。年収は推定数千万円と言われていますがどうでしょうか?彼の動画は、ちょっとした暇な時間に見るには最適なんです。どうでもいいようなこと、馬鹿馬鹿しいと思ってしまうようなことを主に投稿していて、時間が5分前後のくらいのが多いので、そういうちょっとした暇な時間に見てみようかな?と思うわけです。

中には何度も何度も見返したくなるような動画もあり、こういうところが一流Youtuberの秘訣なんでしょうね。動画を見てもらうと分かりますが、かなり編集に力を入れている感じです。ここまで手をかけないと、なかなか有名になれないのでしょう。SEIKINさんの場合は、すでにファンが大量についているので、新規動画をアップすれば、それが毎回同じくらいの再生回数を記録して、収入になってくれるというのが大きいですね。

彼の動画いろいろと見てきましたが、だいたい50万から150万再生くらいが平均みたいな感じです。レートにもよりますけど、1つの動画を投稿するたびに、数十万円を稼いでいる計算です。月に20本あげたら500万円くらいはいくでしょうね。そうなると、ネ演習数千万円というのも普通にありえる数字です。そこまでのYoutuberとしての地位を築き上げるのは相当大変ですよ。今でこそ有名人、ネットだけかもしれませんが、彼らは元は一般人ですからね。芸能人がやっているわけじゃないですから。

彼らの動画は、動画自体のクオリティも高いが、企画力もあると思います。視聴者が求めているものをやってくれる。気になる商品を試してくれたり、馬鹿馬鹿しいことを代わりにやってくれたりして楽しませてくれている。ちょっとしたプチ娯楽として、彼らの動画は最適なんですよね。どこからが有名と言えるのか?は分かりませんが、顔出ししてYoutubeに動画投稿している人はたくさんいます。彼らの中にも将来的に有名になる人がいるかもしれません。

Youtuberは批判的な人もいるし、全員が稼げるわけじゃないので、本業にするのは難しいとは思いますが、趣味で自分w表現したり、副業感覚で始める分には全然問題ないでしょう。やっているうちにコツを掴んでくるかもしれません。Youtuberである程度稼ぐには、ファンを増やさないと厳しいでしょうね。定期的に動画を見てくれる固定ファンがいないと、再生数は伸びませんから。いかに自分を表現して、ファンをたくさんつけるか?というのが一流Youtuberとそれ以外の人たちを分ける部分じゃないでしょうか?

そういったことを実際にやっていく能力や素質がないと、この世界では生き残っていけないので、専業でやっていくにはハードルが高いということです。月に数千円から数万円くらいであれば、やり方次第では可能かもしれませんが、サラリーマンと同様の給料を得ていくには非常に大変だと思います。私は副業で始めてみることをオススメしますが、ネットの中とはいえ、有名人になること事態が難しいですから、そりゃ厳しいかもしれませんが、やり方次第では、宣伝方法とかを適切に行えれば、そもそも自身が有名にならなくても動画の再生回数を増やしていくことは可能かもしれませんけどね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム