トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

理系の大学の就職は有利なのか?学部による格差がある

理系は全般的に就職が有利と言われていますが、その理系の中でも結構学部間の差はあるみたいです。つまり、就職に有利な学部が理系の中でもあるということです。理系といえどもいくつかの学部がありますから、全部が同じというわけではないですけど、文系と比べて、大学での学問と仕事が直結しやすいので、より就職に有利、不利が現れやすいかもしれません。文系にもそういった差はあるとされていますが、ほとんど誤差の範囲内ではないでしょうか?

理系の場合は、まず工学部ですね。これが特に有利と言われています。工学部または理工学部ですか。そういった学部はどこの大学にもだいたいあります。工学部はなくても理工学部がある大学は多いです。理学部しかない大学もあります。例えば、立教大学とかはそうですね。逆にこの理学部は就職に不利と言われています。どれだけ不利なのか?というのは、ちょっと難しいですが、理学部の場合は大学で学んだことをそのまま応用できる分野が少ないのです。

工学部は、例えばメーカーなどは彼らの技術を必要としますね。家電、ゲーム、自動車、建築など、いろいろな分野で工学の知識や技術が生きるので、大学で学んだ内容をそのまま仕事にも生かしたいときに生かしやすいため、就職先としても候補がたくさんあるわけです。ただ、理学部の場合はそういう習ったことを生かす場があまりないので、理学部の学生が就職するには、その専門外の企業を受けないといけないため、勉強したことが生きないという意味では、文系の学生と同じような感じになってしまうのです。

文系の学生も文学部、法学部、経済学部、教育学部、国際系の学部、その他特殊な学部などは、大学で習った内容が企業で役に立つとはあまり思えないのです。情報系や語学系、経営学部、商学部などは一部企業でも役に立ちそうなので、有利といえるほどではないかもしれませんが、ここに在籍していた方が少しは良いと言えるかもしれません。でも、そんなに変わるものとは思えないですけど。ただ、文系の場合は、そこまで差がありません。少なくとも工学部と理学部ほどの差はないので、学部よりも大学名の方が大切でしょう。

だから、理系の中では工学部は確かに有利だと思います。あと医学部は置いておいて、薬学部ですかね?このあたりは就職先はありそうです。資格などをとっていれば尚更ですけど。農学部はあまり設置している大学が少ないですから、あまり情報がないですけどね。理学部はあまり有利じゃないと。理学部は、文系就職をする方も結構多いのではないでしょうか?大学での授業内容を生かしての就職が厳しい場合には、文系と同様に営業や企画などを含めた総合職に進む場合もあるでしょう。

最近は理系でも文系と同様の業界や職種を目指して就職活動をされる方が多いですから。だからこそ理学部などは特にそういう方法で就職を目指す方が多いのです。理系が文系の就職活動に入ってきたら不利なのか?というと、ほとんど変わらないでしょう。優劣はほとんどないと思うのです。文系も理系も就職後の仕事とは関係ないことを学んできているのは一緒でしょうから、学部によって文系と理系の間の格差があるとは思えないのです。

理系は文系に比べて就職が有利という風潮があるかもしれませんが、それは結局学部によるということなんでしょうね。なかなか難しいことですけど、理系を選んでも卒業後の進路がうまくいくとは限りません。また、多くの人は大学院に進学すると思いますから、学部卒でそのまま就職するというケースは少ないのではないでしょうか?私の知っている理系の人の多くは大学院に行って、さらに研究などをしていますよ。学部時代の理系は文系と比べてもやっぱり勉強は大変でしょう。文系の人も真面目に勉強している人はしているけど、勉強の中身の大変さが違う気もしますし。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム