トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就職活動で学生を採用するのに面接はいらないんじゃないか?

就職活動とかで面接ってありますけど、意味あるんですかね?面接で見ているポイントというと、ありそうなのが雰囲気や印象と話している内容でしょうか?雰囲気や印象というのは、確かに大切と言えば、大切だろうし、見るのも分かるのだが、素の性格とか、雰囲気なんか面接で出ないと思うのです。というか、学生は隠しますよね。良い部分だけを残して、そうじゃない部分は出さないようにします。それを見分けられるとか、面接官は言うんだろうけど、見分けられる根拠もなければ、見分けられた実績もないじゃないですか?

だから、私は面接を仮にするのであれば、あんな志望動機とか、自己PRとか、明らかに不得意分野について聞かない方が良いと思う。趣味とかが合う社員を連れてきて、その人とそれについて語り合わせれば良いでしょう。そうした方が素の学生が見えますよ。志望動機とか、自己PRとか、テンプレ的な質問の類は、彼らにとって基本的に関心のない話題じゃないですか?そんなもの興味ないですよね。就職活動のために仕方なく話しに付き合っているわけじゃないですか?

だから、興味のない話をさせて何が分かるのか?よく分からないんですよね。仕事に関連する部分を見たいならば、インターンシップみたいなことをやらせた方がよっぽど効果的な気がします。個人面接ができるならば、インターンシップも可能でしょう。あと、話している内容をもしチェックしているならば、面接は尚更機能しないです。つまり、面接っていうのは、質問を受けてから考えられる時間があまりにも少ないです。

例えば、筆記試験であれば、分からない問題に制限時間内でそれだけ時間を割いてもかまいません。わからない場合は後に残しておくことも可能です。ただ、面接はそうはいかないでしょう。面接は、どうしても考えられる時間は長くて1分とかだし、後に回してくださいとかも言えないし。つまりね、そこで学生が出した答えがそもそもその学生が能力を最大限発揮して出した答えではないのです。だから、もし面接官が回答の内容も評価対象にしているのならば、それは意味がないんじゃ?と思います。

もっと時間があれば、もっと良い回答出ますよ。いやいや、限られた時間内に答えを出すのが仕事だろうとか言う人もいるかもしれませんが、そんな1分程度の猶予で、決断を下さないといけないケースが実際にあるんですか?だいたい、時間をくれるでしょう。そりゃそうですよ。そんな短時間で決めて良いようないい加減な仕事をやらせるはずがないから。慎重になるに決まっているのです。だから、実際の面接風景は一体何の場面で役に立つのか?分からないのです。

仕事の能力を見極めようとするのならばインターンシップ、人柄や雰囲気を見たいのならば趣味の話や雑談、それぞれの目的に応じて2つの方法を使い分ければ良いと思うのです。面接をやると、就活生の能力や雰囲気が分かると思い込んでいるようだが、決してそうは思えません。もっと良いやり方があると思う。実際、面接の場での振る舞いの全てや志望動機や自己PRの内容の多くが作ってきたものだろうから、嘘だと仮に見分けられたとしても、じゃあ実際はどうなの?っていう部分は分からないのです。だから、合否の判断材料にならないわけですよね。嘘をは基本的にみんなつくから、嘘をついたと判断しただけで不採用にしたら誰でも採用できない。

嘘をついてくれと思っているわけでもない限りは面接を合否の判断材料にすることはあまり意味がないのでは?と思います。嘘をついてくれと思っている質問は中にはあるかもしれないですけどね。ただ、たいていの質問はそうじゃないだろうから、結局はフィーリングの部分で、自分が直接見て選べば良いだろうという思考なのかもしれない。直接見て選ぶこと自体は良いとは思うが、それが面接である必要性はないんじゃないか?と思う。学生の目線から立っても、今の面接というやり方はあまり納得いっていない人も多そうです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム