トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

若者が車買わない、必要ない、所有率低い理由は社会意識の問題

都内に住んでいると車を持たない人は多い。都内というか、首都圏近郊でしょうか?こういった地域に住んでいると、車の必要性は本当に乏しいと思いますよ。私も持ってないですもん。私は首都圏に住んでいますが、電車もかなり発達しているし、交通の便は申し分ないです。強いていえば、自転車があれば、身近な用事もらく楽こなせるし、車がないと困るって思ったことないです。というか、車乗りたくないですから。

今でもそうかもしれないけど、車はステータスを表す1つの道具だったんですよね。車を持っているか?持っていないかではなくて、どういう車に乗っているか?が1つの他者から見たその人の印象や裕福度を表す指標になっていたのです。金持ちの人でも車を持たない人は多いと思いますし、そういう人はむしろ運転手を雇って、その人に運転させるといったことの方が多いかもしれないです。自分であえて車を運転しないのでしょう。

若者は車を持たない理由の1つとして、買えないというのもあると思うが、理由として大きいのは必要ないという方が多いような気がする。それもやっぱり車を持たない人が増えたからでしょう。車を持たない男性が揶揄されていた頃もあったと思いますけど、今はいろいろな理由で車を持たない男性も増えてきているので、後続に続く人も必要ないと思えば買わなくなったのでしょう。車を持たないことがおかしくない状況になれば、買わない人は増えますよ。

大して必要じゃないけど、ステータスや世間体のために車を買っていた人もいたと思いますが、それが減ってきたんでしょうね。地方は場合によっては車がないと厳しいところもあるかもしれないが、都心はそんなことないですからね。私なんか電車に揺られて、窓の外の景色を見るのが好きだから、電車の方が好都合なんです。車を運転していたらそんな余裕ないですから。あと、私の場合は貯金に走っている面もあるので、その貯金を一気に切り崩さないといけないような買い物をしたくないのです。

車を買えば、中古でも何十万って消えるわけですよ。それができません。貯金をするのが1つの趣味みたいなところがあるので、どうしても高い買い物を拒んでしまうのです。1万円、2万円を下ろすのも億劫になるくらいですから、そんな安くても数十万円擦るものを買うとか無理です。そうなれば、家を買うのも無理ですね。賃貸ですね。そんな感じで、私は車は欲しくないし、必要ないし、持っていなくても困らないしということで、若者の車離れが進んだ理由としては、そこが大きいと思いますよ。

お金がないからあまり使えないっていうのが1つきっかけになって、ぜいたく品とか、そんなに必要じゃないものは買わない方向に意識が進みつつあり、さらに貯金への意識が強くなり、特に高額な車を買うなんてことはありえないという社会意識が、若者の中で生まれているのではないでしょうか?だから、何かを買うときに車という選択肢はかなり後方の方に追いやられている状況です。大して必要じゃないのに高いというのが理由として大きくて、それを多くの若者が持たなくなっていて、その理由に共感できている人は、どんどん車を買わなくなってきているのです。

景気後退によって若者世代の所得が減少してきていることもそうでしょうけど、それがきっかけになって価値観が変わりつつあります。以前にはなかったミニマリストなんて言葉も流行り出しましたし、仮に景気がよくなってもその価値観自体が蔓延していれば、もはや車がより買われる時代は来ないということです。自動車業界は今後どうなるのか?分かりませんが、車だけに限りませんけど、金を使わないで貯める方向にシフトする人たちがある程度増えてしまった。景気後退とその対処の不完全さによって、完全に国が信頼を失ってしまった。景気のために金を使おうという人なんかほとんどいないと思います。だから、景気はよくならない。その繰り返しじゃないでしょうかね?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム