トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

生涯独身の割合が男女共に増加!この傾向だと老後も大丈夫

生涯独身率という指標がありますが、これが現在のところ、男性が20%、女性が10%となっているようで、この数字は30年以上前と比べると格段に上がってきています。当時は、男女とも生涯未婚率は5%以下でしたが、特に男性の伸びが凄いですね。この数字は伸び続けるだろうと思われますが、その理由は何なんでしょうね?簡単なのは経済的な理由でしょうが、戦後すぐの時代には未婚率は凄い低かったので、それだけが理由ではない。

1番ありそうなのは、結婚をしたくない人やする気のない人の割合が徐々に増えてきたことによって、それを貫き通すことがしやすくなったというのがあるでしょう。以前と比べても独身の人の割合が増えてくると、当然独身の人が珍しくなくなってきますよね。独身の人が昔は、今でいうところの生活保護受給者のような扱いを受けていた時代もあったわけですよ。独身というだけで、変な目で見られたりした時代がありました。それが徐々に変わってきたのです。市民権を得てきたということでしょうか。

したがって、思いっきり独身でいられる。そんな環境が整ってきたのです。それによって、独身でいたい人が無理に結婚をしなくても良いようになってきたので、以前にはいたのかもしれないが、世間体のために結婚していたという人たちがかなり減ってきた。社会全体の価値観として、独身でも良いじゃん!って人が増えてきたのです。だから、この価値観が1度蔓延すると、後続の人たちも続きやすくなりますから、生涯未婚率はどんどん上がるでしょう。

それと女性の社会進出のこともよく言われています。昔との違いでいえば、これは非常に大きいですよね。男女で家庭の分業制が当たり前だった時代、女性が就職する率がそんなに高くなかった時代には結婚する人は多かったわけですから、今は女性も大学卒業後に普通に就職します。そうなると、相対的に男性の就職率が落ちたり、就職できても良い待遇の会社に入りづらくなってきている。非正規率も上がると共に、正規雇用であっても十分な収入が得られない男性が増えました。

その結果、そういう男性はどうせ結婚は無理だと諦めていたり、結婚願望は持っていても、女性からそういう男性はあまり相手にされなかったりで、余計に結婚する男性もそうですが、女性も増えるとなるのです。だから、結婚という1つの観点からのみ見るのであれば、女性は仕事をしない方が良いとなるかもしれない。ただ、そうなると独身で過ごす女性は生きていけなくなりますからね。結婚をする前提ならば、別に女性は仕事をしなくても構わないかもしれないけど、男性のみが就職する世の中になっても、女性全員が結婚できるわけじゃないですから。

結婚相手として足りない男性が増えたこと、結婚願望を持たない男性が増えた原因の1つとして女性の社会進出はありそうな気はします。そして、女性が多く就職するようになると、結婚をしなくても十分稼ぎがある女性が増えたということも言えますから、女性の方も結婚しなくても良いやと思っている人の割合が間違いなく増えてきていると思います。そういった理由もあって、男女共に生涯未婚率は増えるのではないでしょうか?この傾向は今後も続きそうな気がします。

そのうち独身だけのコミュニティとかもできそうですけどね。結婚をする理由の1つとして、老後が寂しいから。という人もいます。それは実際あると思うんですけど、逆に独身が増えれば老後お互い寂しくないように、結婚相手ではないが、友達みたいな感じで支えあえるような仲間を作るコミュニティができそうなんですよ。実際にそういったものができれば、老後寂しいとか、孤独死の心配もなくなるので、余計に結婚をするメリットが薄くなります。結婚をしたい気持ちがそれほどないけど、老後寂しいからしておきたいなーと思っているような人は、結婚をする意味が薄らぐので、益々独身の人が増えそうです。老後を考えて結婚するメリットがほとんどなくなりますから。

結婚をする人が減れば子供も減るので、国も国民も困るかもしれませんが、少子化になるっていう想像が昔の人たちにはなかったんでしょうね。そして、少子化になると実際困るような社会の仕組みがずっととられていた。だから、結婚して子供を産むのは国民の義務みたいに言う人もいうけど、え?何それ?国のために結婚して、子供を産むってこと?だったら、何かしらの原因で結婚生活が行き詰ったり、子供が大変な思いをした場合には、国が責任を持って面倒見てくれるの?義務とか言うならば、貢献に対する見返りは必要だと思うんですけどね。私に言わせれば、結婚しない人が増えて、子供が減るっていうのは、こんな日本社会の中では将来的に苦しみを味わう、被害者になる子供が減ってむしろ万々歳だと思いますけどね。国のために子供を道具のように認識する社会は、戦時中に国のタメに死んで来いと言っている社会の風潮と変わらないな。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム