トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

働いても貧乏だし、仕事よりも絶対に勉強していた方がマシだよなーって改めて思う

今日は大学入試センター試験ですね。私も結構前に受験しましたが、いまだによく覚えています。今日はニコニコ動画で朝から夜までセンター試験の会場となっている東京大学駒場キャンパスの赤門前にカメラを固定して生中継をしていました。生中継といっても、赤門前をただ映しているだけで、完全なユーザーによる雑談枠なっていましたがね(笑)センター試験が終わって、赤門から受験生がぞろぞろ出てきたときにはスタッフの人が受験生にインタビューとかをしたししており、そこは面白かったですね。

センター試験はこの季節の風物詩でもアリ、入試がいよいよこれから始まるんだ!という合図みたいなものかもしれません。そうなると、自分が学生時代に勉強していたときをよく思い出します。高校生のときは特に3年生の頃は大学受験を意識していたので、一生懸命勉強していました。結果、それなりの大学に合格し、大学生活も卒業するために一応勉強していました。

ただ、大学での勉強ってモチベーション上がらないですよね。勉強がしたくて大学入学した人は良いですが、私の場合はそういった理由ではなかったので。次に受験が待っているわけでもない。就職活動などはありますが、別に卒業さえ出来れば良いという状態で、成績をよくしないと!といったこともなかったですから。だから、大学での勉強は非常にだるかったです。面白い授業も中にはありましたけど。

しかし、じゃあ学生を卒業して今のように仕事をするようになったらどうか?というと、それ以下のモチベーションしかないです。今はお金を稼がないと生きていけない!という明確な理由が存在するわけなんですが、それははっきり言ってモチベーションとは違うわけです。強迫観念です。したがって、頑張って働いたら給料が上がるとかいう世界でもあまりないので、なかなか真剣に取り組むのが難しいのです。

今になって思えば、明らかに勉強していた方がマシなんですよ。勉強もつまらなしい、ダルいし、これが何の役に立つねん!とずっと思っていましたが、勉強の方が10000倍くらいマシと自信を持って言えます。この感覚って、なんなんでしょうね?つまらなさとか、ダルさとかは勉強と良い勝負ですよ。でも、仕事と勉強では絶対に勉強を選びます。勉強なんてしたってお金は手に入りません。そこが仕事は決定的に違うところですし、明らかに仕事の方が優越している部分なんでしょう。でも、仕事は大嫌いですね。ここまではっきりと言っちゃう人もいないんじゃないか?と思いますけど(笑)

やっぱりプレッシャーが違うんですかね?勉強はサボれば成績が下がって、単位とれなくて、留年してなんてことが起きるわけですけど、それは全て自分の責任であり、困るのも自分です。でも、仕事は会社員の場合でしたら、サボれば同僚、上司、または会社全体に損害をもたらすことにもあり、勿論自分も困りますが、それでは済まされないのです。したがって、仕事と勉強の違いというよりは学生と社会人の違いともいえるかもしれません。

本当に仕事をするようになって思うのは学生の頃は楽だったなー。ということです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム