トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

20代、30代の貯金平均が高い!若者が貯金に走る理由は趣味?

貯金が趣味の人って増えているんですかね?先行き不安な世の中だから、貯金をしていくこともある程度考えていかないといけないのはその通りでしょうけど、30代とかで1000万円を越えている人も多くいるようです。これは平均からすると高いらしいです。30代の平均は500万くらいじゃなかったかな?20代はまだ200万から300万円くらいが多いようですけど、逆に0という人もいますから、貯金においても格差があるんだなと思います。貯金に走る理由は、先行き不安な世の中を案じてという面もあれば、仕事が忙しくて、使う暇が無いから自動的に貯まっていくというのもあるかもしれないです。

私も貯金がある種のブームになっています。1人で貯金をしていると何か楽しいですよ。最近はいかにお金を使わないで楽しむか?を考えて、稼いだお金の大半を貯金しています。実家に住んでいるので、一人暮らしをしている人よりもお金がかからないというのはあります。だから、貯金をしやすい環境にはありますが、この状況だと恐らくいくら貯めても満足できないと思います。1000万円あるならば、ある程度の安心感はあるでしょうけど、それでも貯金を辞める人はそんなにいないでしょう。

1000万円を越えたら、さらに貯金を増やしていくという方が多いと思います。いくらあれば十分なのか?は分からないけど、特に独身だと、使うお金もそんなにないでしょうし、先ほど言ったように仕事がまず忙しくて使う暇が無いというのも1つ理由としてあるでしょうし、もう1つはお金を使わないで楽しめるものが世の中に溢れすぎたということでしょう。ネットが代表的でしょうね。私もネットがあれば、娯楽としては十分だと思いますし、あえてお金を使ってどこか行こうとか、何かをしようとか思わないですね。

ネットにハマると、それで十分に感じてしまうのです。お金をかければ、もっと楽しい趣味や娯楽はたくさんあると思うんですけど、そういったものにあまり気がまわらないというか、あえてお金を書ける必要性も手間を書ける必要も感じられなくなる。そして、お金をどんどん使わなくなる。そうすると、お金を使わないことが普通になるとともに、それが自然な状態になってしまい、余計にお金を使おうとは思えなくなるのです。

逆もありえますよね。金を普段からたくさん使っているような人は、それを止めようと思ってもなかなか改善できないでしょう。浪費癖のある人やギャンブル好きの人は、借金をしてまでもそういったものにお金をつぎ込みやすい。そういった性質の人もいますからね。どういうものでも、1度染み付いてしまうと、そこから変えていくのはやっぱり難しいです。したがって、生活習慣というのは、本当になかなか変えられないと自分でも実感できますよ。

当初は別に貯金をそれほど意識していなかったのに、毎月自然と一定の金額を貯金していると、その金額が今月も貯まっていかないと違和感があるというか、自分自身で納得いかない感じになってしまうのです。したがって、貯金をすることが当初は目的じゃなかったとしても、それが引き続き行われていくと、それが当たり前の感覚になっていき、同じくらいの金額を貯金できないとダメな感じになっていくのです。浪費癖よりは、まだ貯金癖の方が良いような気はしますけどね。

お金を使わないのは若い人たちだけではなく、高齢者もそうみたいで、世の中全体が消費が冷え切っているのは間違いないでしょう。それはどの世代も国への信頼がないから。将来に対する不安が大きいからこそ貯金に走るという意味では、確実に生存するする術が用意されていないに等しい日本においては、貯金こそが1番信頼できるツールであり、それしか自分を確実に生存させられないという、国への信頼の欠如が大きいでしょうし、結局国が社会保障などのやり方を現行のままにしている限りは、信頼が増すことはなく、お金をちゃんと使ってくれる人は増えない。景気回復はありえないという状況でしょうか。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム