トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

未成年の飲酒は内定取り消しの理由として社会通念上相当か?

内定取り消しという事態はなんとしてでも避けないといけませんよね。内定取り消しというのは、別に留年とか、会社の経営不振によtってのみ起きるわけではなく、就活生自身が原因で起きることもあります。それは会社が知らなかったが、学生に画されたある事実をして内定取り消しになってしまうというものです。「せっかく内定もらってたのに… 入社できずに泣く「落とし穴」はまだありますよ」では、その実際の出来事が載っていますが、他人事ではないので、しっかりと気をつけたいものです。

>私が就活をしていたときも、某大手企業の内定者が動画投稿サイトに犯罪まがいの動画を投稿したがために、内定を取り消されたらしいとネットで話題になっていました。

内定後でなくても、たとえば大学1年生のときに飲酒していた写真がネットに投稿されていたり、面接や内定者懇親会で聞いた話をうっかりSNSに投稿してしまったりした人は、結構いるのではないでしょうか?

このような投稿も内定取消の理由になり得ますので、くれぐれも注意して下さい。意外と見られているかも知れませんよ。過去の変な投稿は消して、念のため公開範囲を「友人のみ」に設定しておいた方がいいかも知れません。


犯罪まがいの犯罪の内容はよく分からないので、こちら側にはノーコメントにするが、未成年時に飲酒をしたという事実は、正直言って内定取り消しの理由として認められるのでしょうか?犯罪といえば、犯罪なので認められても不思議ではないかもしれないが、犯罪行為が全て認められるとは限らないと思います。例えば、謝って何か物を壊してしまったという過去があったとして、それがバレたら即内定取り消し?それはどうでしょうね。

内定取り消しの理由としては、社会通念上相当と認められるものでないといけないので、会社側が勝手に判断して内定取り消しにしても、それが認められるとは限りません。裁判になった場合には、裁判所が判断することですから。未成年の飲酒は、ほとんど他人に迷惑をかける類のものではないですし、本人の自己責任にかかわるものです。器物損壊は間違いなく他人に迷惑をかけていますが、それを行ったことがあるから内定取り消しは納得いくでしょうか?誤って何かを壊してしまった経験はあるんじゃないですかね?訴えられてないだけで。

あとは赤信号をわたるとかね。これも道路交通法違反ですが、訴えられていない、バレていないだけでやっている人は大勢いると思う。そして、その証拠を掴んで内定取り消しにされたら納得するんですかね?未成年の飲酒は赤信号を渡るよりも、さらに軽微な犯罪に思えてくるのですが。赤信号を渡ったことがあるから、内定取り消しって、人事だって渡っているだろ!と突っ込まれそうですし。未成年の飲酒で、内定取り消しになった人がいるのか?は知りませんけど、裁判で争う余地はありそうです。

内定取り消しは企業が一方的に行える類のものではないので、内定取り消しを言われても、素直に従うのではなく、自分から見てしょうがないと諦められる理由以外は、戦ってみるのも1つの手です。裁判によって、企業の判断が間違っていたと判決をされる場合もありますから。内定取り消しは、日本テレビの例にあるように、一方的に好き勝手にやってくる場合もあるので、必ずしも従う必要はありません。

内定取り消しで認められている「社会通念上相当」というのは、裁判所の判断になるので、それがどこまで含まれるのか?はよく分からないものの、広範囲に認められるとも限らないので、知っておいてください。ただ、1番良いのは内定取り消しに遭わないことなので、できるだけ身の回りのリスクは取り除いておくようにしましょう。特にTwitterやFacebook等のSNSを活用している人は、人事がチェックしている可能性があるので、知っておきましょう。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム