トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

Fランク大学の授業風景、実態は酷い?←どこも同じだろう

Fランク大学はたびたびネタにされることも多いが、その実態はあまりに酷いみたいに語られています。授業のレベルが低いとか、授業の受け方が酷いとか言われているんだろうけど、そんな話はどの大学でもあるだろうというのが本音で、私の通っていた大学は、一応偏差値的にはそれなりに上位で、誰でも名前を知っている大学だったが、そりゃ酷いというか、Fラン批判で言われているようなことも普通に行われていましたよ。

例えば、英語の授業では、1年生で何をやったか?というと、いきなりBe動詞とかの解説からです。つまり、中学校の英語の復習から始まったのです。したがって、客観的に見たら物凄いレベルの低い授業ですが、そういう授業もあるということであって、それが全てではないです。うちの大学は英語で有名な大学なんですけどね。そういう大学でもそのレベルからスタートするんだから、他の大学でもそのレベルから始めても何ら不思議ではないです。

あと、授業中うるさくしているとか、遊んでいるとか、騒いでいるみたいな問題もあるんでしょうけど、それも打ちの大学でもあった。というか、東大だって騒いでいる学生はいるはず。真面目に講義を受けていない学生はどの大学にも一定数はいるでしょう。だから、別に珍しいことのようには思えないのです。Fランク大学に通っている学生は、そういう学生が多いかもしれないというレベルで、それがFランク大学のみの特徴みたいなのとは違うでしょう。

だいたい大学がそういうレベルからの授業をやり直さないといけないということは、その程度のレベルの学生がそもそも多く高校を卒業できているという現実もあるわけですから、そちらをなんとかしてほしいと。なんとかしてくれないから、我々がこうして時間を割いて教えていかないといけないんだ!という言い分もあるかもしれません。AO入試、推薦入試などで入学してくる学生もいますから、当然学力レベルが同じということはないでしょう。そうなると、ある程度基礎からやっていかないといけないわけですから、大学側もは大変ですよね。

Fランク大学は酷いみたいなことが言われていますが、そもそもFランク大学に通っている人でも、その1つしか経験していないわけで、そこがいくら酷いと感じても、それはその大学が酷いというだけで、Fランク全体が酷いか?どうかは別問題です。また、自分が通っているFランク大学の実態や日常が酷くても、Fランクじゃない大学が同程度に酷くない根拠もないですよね。だって、2つ以上の大学に通う人なんてなかなかいないですから、そもそも他大学との比較は出来ないのです。

だから、Fランク大学で言われていることは、全ての大学に共通かもしれないのです。先ほども言いましたが、私の大学は、ある程度名が通っているし、偏差値的にはまあまあ上位ですが、日常風景を見ると、酷いもんだと思ったこともありますし、私自身が授業中にお菓子食べたり、漫画読んでいたこともありましたからね。かなり稀ですけど。だから、Fランク大学か?と錯覚するような光景は、実はどこでもあるでしょうと思います。Fランク大学だけが酷いのではなくて、これが酷いのであれば、どの大学も酷い面はあるでしょう。

自分が通っていた大学の実態しか普通は分かりませんから、他大学のことをあれこれ言うのもどうかと思いますけどね。客観的に分かるのは偏差値とかの物差しの部分ですから、内部の実態はせいぜいネットで報告されている部分しか分からないし、それは他大学と比べてどうなんだ?というのもせいぜい比べられるのは自分が通っていた大学だけです。日本には数えられないくらいの大学があるのに。Fランが酷いとか言われているけど、(他大学と比較して相対的に)酷いか?なんて普通は判断できませんよ。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム