トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

早期リタイア、セミリタイアしても貯金を減らさない方法はある

私自身が早期リタイアを考えているというか、できるだけ仕事から逃れたいと思っています。それは多くの人もそう思っているようで、多くの早期リタイアを狙っているブログやすでに達成したブログを見ると、満喫しているのか?は分からないが、ちょっとは羨ましかったりもします。私も大した金額は稼げていないが、それでも早期リタイアをして、労働やお金を稼ぐことから逃れたいと思っています。もう少し精神的に楽になりたいと思うのです。

ある早期リタイアのブログを見ていたら、2000万円くらいの貯金で40代で早期リタイアしたという人がいました。貯金2000万円だとちょっと少ないだろうと思ったのですが、その人は投資信託やクラウドソーシングでちょっとずつお金を稼いでいて、毎月10万円弱くらいの収入はあるらしいです。つまり、2000万円の貯金はほとんど減りません。1ヶ月の支出合計が約10万円くらいなので、ほとんど貯金は減りません。やっぱり収入はあるんですね。

恐らく会社勤めをしていた人で、普通の労働からは逃れたが、悠々自適に行えるお金を稼ぐ手段に切り替えたって感じですかね。労働時間はそれほど多くなく、収入も多くない。ワークシェアリングが実現したかのような感じですね。私もワークシェアリングが実現するならば、正直正社員でも働いてみたいなと思ったことがありますが、1日8時間から10時間、それ以上の労働が毎日続く状況は無理だと思いますし、それがずっと続くというのは、さすがに耐えられる自信はありません。

1日数時間程度で、月10万円というのは、リタイア後の収入としては十分な気がしますね。リタイアして、現実的に全く働かない。つまり、ずっと収入0というのは、あまり考えづらいです。そういう人もいるかもしれませんが、そうなると貯金が減っていく一方なので、どうしても不安なんでしょう。後は仕事を少しでもしないと暇というのもあるかもしれません。したがって、月に数万円くらいはんとか稼いで、リタイア生活の資金にしている人は多いと思います。

そして、そのときに選ばれるのが株やFXなどの投資でしょうか。投資はリスクもありますが、リスクの少ない株主優待とかであれば多くの資金があれば、少しずつ収入を得られるでしょう。あとは先ほど良いましたけど、クラウドソーシングサイトを利用したお小遣い稼ぎなどです。1日1時間でもやれば、月に数万円くらいは稼げると思います。また、これをある程度本格的にやると、月10万円くらいはいける可能性は十分あるでしょう。

だから、最低でも月数万円の収入を稼ぐのは可能です。バイトなどをしなくても、家にいながらちょっとしたことで、稼げると思います。だから、毎月の生活費を全て賄えるか?どうかはともかく、貯金が数千万円あるのならば、それを投資に回したり、コツコツクラウドソーシングサイトで稼いだりすれば、月に10万円くらいは普通に稼げるかもしれない。そうすれば、貯金の減少はかなり食い止められる。そういった資金繰りができるわけですからね。

最近は隠居生活やリタイアする人がどんどん増えてきています。彼らの多くは貯金は一応あるんだろうけど、リタイアして収入が0になるわけではない。1ヶ月の分の生活費に相当する金額は稼いでいる人も多いです。つまり、貯金という安心感は手元に残して、1ヶ月に使う生活費分を稼ぐ生活をしているということです。働かないといけない呪縛から逃れて、プレッシャーとかから解放されて精神的に楽な状態で生きていけるのは魅力に感じますね。1番大変なのは、働くことが当たり前になっている世の中の風潮を目の前にして、それをどこまで思えるか?かもしれないですけどね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム