トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

警備員のバイトの面接に受かりやすい志望動機とは?

警備員のバイトに応募するときに志望動機は何て伝えれば良いのでしょうか?警備員のバイトの場合には、志望動機を考えるのが難しいですよね。それは多くの方が、どうせ誰でもできる仕事だろうという認識があるからではないか?と思います。形だけならば誰でも務まるかもしれませんが、きちんと警備を全うするという意味では、誰でもできるわけではないと思いますし、難しさもあると思います。そんな警備員の志望動機はどうしたら良いのでしょうか?

1番良いのは、自分が警備員に向いているという点をアピールすることではないでしょうか?警備員には適性はあると思います。誰でも務まるようには見えても、向き、不向きはあると思います。例えば、警備員って結構不規則な仕事です。昼間の場合もあれば、夜の場合もあります。いろいろな時間帯で警備員の姿を見るのではないでしょうか?そのようにアナウンサーのような不規則な仕事に対応する力がないとダメです。つまり、体力が必要ということです。

体力という意味では、ずっと立ったままで仕事をします。休憩があるとは思いますが、仕事中は基本的にずっと立ったままです。それを何時間もずっと続けます。激しい動きが必要なわけではありませんが、夏や冬など、気温が極端な季節は特に体力の消耗が激しいです。だからこそ、体力がある程度ないと務まりづらい仕事とも言えます。体力がある人はそれだけでアピールポイントになるでしょう。そのためには過去に何をしてきたか?を話せると良いでしょう。

つまり、過去にこういう経験があるからこそ、自分は体力面に自信がある。だから、体力が必要な警備員のバイトを志望しました。という流れが良いのではないでしょうか?体力面をアピールできる材料といえば、何があるでしょうか?例えば、学生時代の部活とかでしょうか?学生時代が遠い昔でないことが条件になりますけど。20代だったら良いのではないでしょうか?あとは現在進行形で何かをしている場合にそれをアピールするのも良いでしょう。

あとは同じバイトでアピールをするという方法もあります。警備員のバイトを希望している人は、他にも何かしらの短期でも良いので、バイトをしてきた人でしょう。その中に体力がないと務まらないものはありませんか?例えば、引越しとか、資材搬入とか、オフィス移転とか、そういったものは力も必要ですし、体力も絶対に要りますよね。そういうバイトを過去に経験していれば、警備のバイトがきつくても耐えられる、仕事を真面目にやる、途中で辞めない要素になるでしょう。過去に辛い大変なバイトを経験していない人は、それが初めてだと根を上げてしまうこともありますから。

そういった体力面における部分を志望動機として話していけば良いのではないでしょうか?そうすると、警備のバイトにも受かる可能性が少しは上がると思います。簡単にそう見えるかもしれませんが、決して簡単ではありません。だから、誰でも務まると考えるのではなく、自分がやってやる!という強い気持ちで仕事に臨んでいきましょう。警備のバイトは短期バイトを中心に、多くの求人が募集されていると思うので、気になる方は求人サイトで探していきましょう。

特に「ショットワークス」を利用すると、たくさん見つかると思います。このショットワークスは、求人ごとに応募倍率が分かるので、人気の求人、多くの人が応募していて受かりづらそうな求人というのが一目で分かると思います。警備のバイトは年齢とか、性別に関係なく採用されやすいです。高齢の方が街中で警備の制服着て働いているのを見たことがあるという方もいるのではないでしょか?そういった理由もあり、警備員のバイト自体、割と人気で倍率が上がりやすいので、そんな警備のバイトを探している方にとっては、そういう求人サイトを使うと、応募が殺到していて受かりづらい求人に応募することを避けて、より受かりやすそうな求人を中心に応募していけるので、採用確率も上がりやすいのではないでしょうか?ショットワークスは無料で登録、利用できますから、良かったら参考にしてみてください。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム