トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学生ら4人が国会の前で、安保法案反対のハンストを決行!

戦争法案とも言われている安保法案への反対をめぐっては、いろいろなところでデモが起きていますが、今回話題になっているのは国会の前でハンガーストライキ、通称「ハンスト」を行う4人の学生です。メンバーが4人しかいないので、かなり個人にも注目が集まっているようですが、ハンガーストライキというのは、基本的には水以外何も飲まないという抗議活動のことで、これを無期限で行っていくようです。無期限と言いますけど、いつか限界はくるんでしょうけど。

ただ、ある意味命を懸けてまで抗議をするほど、彼らにとっては許しがたい法律なんでしょうね。命が懸かる法案に命をかけて抗議をするというのは、どうなんだろう?と思う面もありますけどね。世間からはもしかしたら冷ややかな目で見られているかもしれませんが、私自身は良いんじゃないの?好きにやらせたら?という感じです。私はこの問題については、基本的に中立の立場なので、特に賛成とか、反対という意見はないです。

デモみたいな抗議活動はしていって良いと思いますよ。大人しい日本人だから、国からもなめられいる部分もあるでしょう。でも、今後どうなるか?分かりませんけど、こうやって命を懸けてというのは大げさかもしれませんが、ハンガーストライキまでやって抗議活動をするというのは、普通のことではないです。心身をすり減らしてまでやるというのは、よほどのことがないとやらないと思うので、彼らの思いも相当なんでしょうね。

今回のメンバーの中には現役大学生ばかりが含まれており、2年生の人とかもいるみたいですね。完全に顔バレしているし、本名もニュースサイトとかに出ています。これから就職活動をするときに影響が出ないのか?個人的には心配ですが。その人が就職活動をするのか?どうかも分かりませんし、デモに参加したことが不利になるか?はなんとも言えませんけどね。本来ならば、デモって、かなり大人数でやるものですから、誰が参加していたか?は普通分かりません。

ただ、今回のような小規模で、かなり話題になるようなものだと、誰が参加したか?はすぐに分かります。2年生なので、すぐに就職活動をやるわけではないですし、時間が経てばもう忘れているかもしれません。私は仮に顔や名前がばれていても、それが必ずしも不利な要素になるとは思いませんが、これだけ多くの企業が存在していれば、中には不利にする企業がいてもおかしくないと思うのです。

本人らがどこまで考えているのか?は分かりませんが、就職活動に全く影響が出ないことは考えづらいです。その影響というのも、逆に良い方に出る可能性もあるかもしれませんからね。顔や名前が映るってことは、必ずしもマイナスのことだけではありませんから。こうやって世間の目に映りながらでも、行動できる人ってのは凄いと思いますよ。私は中立派なので、彼らの行動を必ずしも支持するわけではありませんが、彼らの姿は凄い良い兆候に思えてくるのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム