トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

警察官を目指す予備校に通う時期はいつから?大学何年生から?

警察官になるために予備校に通うという方もたくさんいますよね。警察官向けの講座を開設している予備校は実は多くあります。多くの受験生はそこに通って勉強しているのです。ただ、そういう警察官向けの講座を用意している予備校にはいつから通えば良いのでしょうか?大学何年生から通えば良いのでしょうか?そこが分からないでちょっと悩んでいる人も多そうですね。

警察官を目指す場合には、通常は大学4年生の春に採用試験を受けます。そこから逆算することになります。警察官になるには主に筆記試験と面接試験を受けて合格しないといけません。面接試験の対策は筆記試験後でもなんとかなるかもしれませんが、筆記試験の対策はある程度の期間を見積もってやらないといけません。その期間はどれくらいか?というと、警察官の筆記試験は教養試験と論文試験になると思いますから、だいたい半年くらいは考えておいた方が良いでしょう。

これは最低限の期間であって、長ければ長いほど対策に充てられる時間は多いので、有利になります。最低半年ですから、大学4年生の5月くらいに試験がありますから、大学3年生の12月頃には予備校に通い出した方が良いのではないでしょうか?これがギリギリのリミットです。多くの方は筆記試験の勉強苦労すると思います。勉強をすれば筆記試験はクリアできると思います。ただ、勉強は苦労すると思うのです。それは慣れていない理系科目とか、数的処理、英語など、多くの方が苦手にしそうな科目が盛りだくさんだからです。

だから、半年じゃ間に合わないケースもあるかもしれません。逆に得意な人もたまにいるんですよ。理系の人は特にそうですけど、理系の方が逆に有利かもしれないのが公務員試験の筆記試験なんです。だから、理系の人は数ヶ月で間に合う可能性もあります。ただ、文系の人は結構勉強に躓く可能性もありますから、最低半年前には勉強を始めた方が良いでしょうし、予備校に通い始める時期もその頃が良いでしょう。大学3年の秋から冬にかけて通い始めれば丁度良いのではないでしょうか?

そこで、大学生で受けられる方が多いのかな?と思いますけど、学業がまずある場合には、「【資格スクエア】」がオススメかもしれません。ここは皆さんが想像している予備校とはちょっと違うかもしれないオンラインの予備校になります。オンラインというのは、ネット上から講義を受けて勉強していく対応の予備校です。こういうやり方が今とても流行しています。校舎まで行ってそこで勉強をするという従来のやり方も残ってはいますが、ネットがあまりにも進化してきたので、それを利用して、オンラインから授業を受けるという予備校も今話題になっているのです。

オンラインで授業を受けられると、どういうメリットがあるのか?について説明していきます。例えば、大学生やフリーターの人などは、本業があるじゃないですか?大学生は大学での授業があり、サークルやバイトなどもしているかもしれません。フリーターの方もバイトをしているので、それぞれまず本業があります。すると、その中で予備校に通うとなれば、当然本業の合間に、本業がない時間を利用して通わないといけませんよね。すると、都合が毎回つくわけじゃないので、出られない授業とかも出てきてしまいますよね。授業の予定みたいなのは予備校側が作成するので、それに沿って通学しないといけないのでは、出られない授業がたまに発生し、それは不都合じゃないですか?

でも、オンラインの場合は、それが問題なくなります。それはオンラインの予備校というのは、あらかじめ撮った映像をネット上から配信しているので、ネットにつながる環境さえあれば、いつでもどこでも授業が見られるのです。つまり、今日は朝から授業で、終わったらさらにバイトで、家に帰るのが物凄い遅くなってしまう!なんて日があると、その日は予備校に通ってられないですよね。でも、オンラインの予備校の場合は、例えば、家に着いたのが夜の12時だったとしても、気力さえあれば、家のパソコンやスマートフォンからネットにつないで授業を見られます。スマホからも見られるので、帰りの電車の中とかでも見られますよね。夜の12時に授業を受けられるとか、電車の中で授業を受けられるとかいうのは、オンラインの予備校の最大の特徴でもあり、メリットになると思います。

また、ネットから動画配信の形で授業を視聴するわけですが、そうなると1つメリットがあります。それは同じ授業を何度も何度も繰り返し見られるということです。通常ならば、1回聞いたら終了じゃないですか?後は自分で復習などをするしかありません。ただ、ネット配信の動画を見るタイプの授業だと、何度も何度も好きなだけ繰り返し見られますから、難しい部分などは飽きるまで、理解できるまで見られるので、より予備校に通う意味が生まれやすいということが言えますね。

今はこういったオンラインから授業をうけるのがより一般化しつつあり、今後益々広がっていくと思います。資格スクエアのような、オンラインからの動画配信は、ご覧のとおり非常にメリットが大きいです。そのため、多くの方にとって興味を惹く予備校となっているのではないでしょうか?より詳しい情報を知るには、資格スクエアのホームページをご覧になるか、そこから資料請求もできますから、警察官の採用試験に向けた予備校選びにおいて、資格スクエアについてより理解する。警察官講座の内容やどれくらいの費用がかかるのか?論文や面接対策はどうなっているのか?など、より詳しい予備校のサービス内容を知りたい方は、警察か向けに特化した無料の資料請求が可能ですから、良かったら参考にしてみてください。

人気講師の授業が圧倒的低価格。資格試験のオンライン予備校【資格スクエア】
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム