トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ベーシックインカムが実現したら月額いくら支給するのが適切か?

ベーシックインカムが全世界的に注目を集める中、つい先日オランダで実験的に導入すると言う動きがありました。オランダの場合は実験的なもので、とりあえずユトレヒト市内で300人を対象にお金を支給するそうです。最高月額18万円だそうです。物価がどれくらいなのか?よく分かりませんから、日本円での18万円の価値そのものと比較はできないと思いますが、スイスの場合は確か25、6万円だったような気がします。

スイスは世界一物価が高い国として知られていますから。これくらいの金額を支給しないとベーシックインカムにならないのでしょう。日本で仮に導入するとしたら一体いくらが良いのでしょうか?その議論もたまにされます。5~10万円という声が大きいですね。私は最低限の生活を保障するためにベーシックインカムをやるのであれば、最低10万円くらいは必要だろうと思っていますが、財政的な問題と兼ね合いもあるので、10万円は現実的には厳しいかもしれません。

そういった事情も踏まえて、5~7万円くらいがよく言われている金額ですね。この金額でそもそも1ヶ月生活できるのか?ということもありますが、この金額で実施されるならば、されないよりはマシでしょう。私は財源の問題についてはそこまで詳しいわけではありませんが、現行の税制を変更せずに、5万円の支給までならば可能という声もあります。これは専門化が試算した結果みたいです。増税をせずに5万円の支給は社会保障の一本化などで浮いたお金を利用して可能だということみたいです。

また、以前このブログでも紹介したと思いますが、相続税を利用するという方法もあります。これを利用すると、それだけで月7万円のベーシックインカムは可能みたいです。相続税を100%にしてしまって、相続されるお金全てを国に預ければ、年間80兆円くらいになるようで、これを利用すれば生活保護や年金を存続させたままベーシックインカムが可能だということです。だから、財源問題については賛否両論はあるとしても、どこからとるか?が問題であって、財源がないということはないのです。

相続税については、当然反発もあるでしょう。全員が得するとは言いませんが、相続税を財源にすると、中流階級くらいの人までは少なくとも得だと思えるのではないでしょうか?月額7万円だとすると、例えば遺産で500万円入ってくるとすると、500万円を国に渡して、相続分は0だとしても、毎月7万円が入ってくるので、70~80ヶ月くらいで元がとれます。6年から7年くらいですね。普通にいつかは得をするということです。

遺産は現金だけではなく、建物とかを相続する場合もあるので、それらが入ってくるとまた事情も変わってくるとは思いますけど。そういった物を相続する場合には、どう考えるのか?当然ベーシックインカムの財源に充てるべきなのか?という議論もあるでしょう。相続税にすると、いろいろとややこしいこともあるでしょうけど、1つの案としてはどうでしょうかね?という感じです。あまり多額の金額を配りすぎるとインフレになるかもしれません。今はデフレ気味なので、インフレ傾向に振れることは良いかもしれませんが、完全にインフレになるとちょっとマズイのかもしれません。

インフレになるような支給金額というのは、相当な金額になるとは思いますが、5~10万円の間ではそうなるとはあまり思えない。あまりパーッと使えるような金額でもないから。ベーシックインカムがあれば、将来に対する不安は多少消えるが、それでも貯金に回す人もいるんだろうなと思う。私は多分そうでしょうね。貯金に回す気がする。そんなにパーッと使いたいというものもないので、貯金に回すのが得策かな?と思ったのです。得策云々よりも、使いたいものがないから自動的に貯金に回ってしまうのですが。月額適正価格については、いろいろと議論があるでしょうけど、財政的な問題との兼ね合いもあるし、7万円くらいが妥当な金額になるのでしょうかね?
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム