トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就活で将来の夢や目標、ビジョンの質問は自己PRと同じ

就職活動では、自分が将来どうなりたいか?とか、将来のキャリアプランなどを聞かれることがあります。働いてもいない段階でそんなことを聞かないでよ!と思うのも分かります。ただ、聞かれる可能性はあるので、あらかじめ考えておかないといけないでしょう。こういった質問に対する答え方としては、ある程度会社のことを理解しているアピールが有効かな?と思います。それは何か?というと、当然、将来の夢などを答えるときには、仕事に関連することを答えることになると思います。

仕事に関連することで答えるとなると、例えばその会社の事業を例に出してみるのです。そして、その会社の将来についても想像してみる必要があります。その会社の将来というのは、10年後とかの話です。その会社が長期的にどういう戦略を練っているのか?どういう事業計画を考えているのか?この先どういう事業を始めていく予定なのか?既存の事業はどうなっていくのか?それを同時に予想します。調べれば分かるのであれば、当然調べた方が良いでしょう。

そして、それが分かれば、ある程度予想できれば、それを踏まえたうえで将来の自分についても話していければ良いでしょう。または会社に今その気がないとしても、自分だったらこうする。という考えを述べても良いと思います。それはどういうことか?というと、その会社ですでに実施している事業を例に出して、その事業が今後どうなっていくのか?分かる場合も分からない場合でもどっちでも良いんですけど、その事業を自分ならばこういう風に発展させていきたい!そして、それに尽力できるように10年後でも、20年後でも頑張っていきたい。と話せば印象は悪くはないと思います。

まだ働いてもいない就活生に対して、将来のことを聞くのですから、こちらとしてもある程度そこまで説得力がなくてもかまわないと思いますが、ある程度踏み込んで語っていって良いと思うのです。自分ならでのアイデアを出すというか、ある事業の現状を分析して、自分ならばこうする。そうすればより利益が上がるんじゃないか?ということを一応の根拠とともに話せれば良いと思います。ある種のプレゼンをするということです。そうすれば、会社が行っている事業についてよく調べているという熱意も買えますし、働く前から仕事に対する考えやアイデアを積極的に練っているという優秀な社会人像としても映りますし、何よりも、そのアイデアや考えがある程度人事の心に響けば、それは自社を成功に導く可能性のある人材だと思ってくれるかもしれません。

未来のことを見据えたり、まだ入ってもいない会社のことを考えるのは大変ですが、この質問は意外と聞かれる可能性があります。ただ、結局この質問も自己PRみたいなものを形を変えて聞かれていると思えば、不思議ではないと思うのです。以上のように、結局は自分という人間をアピールしているため、自己PRの質問に答えている状況と変わらないからです。答え方は別に他の方法でも構いませんけど、参考にしてもらえればと思います。

また、最後に就活生の皆さんに教えておきたいことがあります。それはいかに内定を取っていくか?というコツの部分です。コツというのは、実は皆さんが普段使っている就職ナビサイトについてです。就職活動は恐らくインターネットから行っていると思います。つまり、何らかのサイトを利用してエントリーから会社説明会の予約などをしているわけですよね。そのときに使っているサイトはどうやって選びましたか?多分、みんなが使っていると思われるサイト、有名で知名度もかなりあるサイトをチョイスして、登録して、利用しているのではないでしょうか?

それが多くの就活生の心理だと思うんです。それは有名なサイトの方が、他のみんなが使っているサイトの方が安心感があると思うからです。だからこそ、結果的に就活生はほとんど同じサイトに登録し、利用している、就活生の大半が同じようなサイトに集中してしまうのです。その結果、どういうことが起きているか?というと、同じサイトを多くの就活生が利用していることによって、あるサイトからのエントリーが非常に多くなります。1人の利用者しかいないサイト、100人の利用者がいるサイトでは、どちらの方がエントリーの総数は多いですか?100人の方ですよね。で、エントリーが多くなると何が起きるか?そのサイトに求人を載せている企業にエントリーが集まりやすくなります。当然、1人あたりのエントリー数が同じならば、1人しか利用していないサイトと100人が利用しているサイトの利用者が、そこに求人を載せている企業へのエントリーの総数の差は100倍になります。エントリーの数が100倍になると、倍率も100倍になります。

つまり、みんなが特に利用しているサイトを普段からあなたも使っていると、そこからエントリーした会社というのは、どこもとんでもない倍率になっている可能性があるということです。全部がそうというわけじゃないです。あまりエントリーされない企業も当然ありますから。ただ、傾向としては、そこに求人を載せている企業の倍率は非常に高くなりやすく、そういう倍率の高い企業をあなたは受けてきた。そして、これからも受けていくことになります。倍率の高い企業ばかりを受けていくと、当然内定を取れる確率も低くなってしまいますよね。だからこそ、リスクを分散させるためにも、別のサイトを併用していった方が良いと思います。

今使っている有名サイト、他の人もたくさん利用していると思われるサイトも使っていて構いません。有名サイトは求人数も多いので、自分の理想としている企業、希望の条件に合致する企業が少しでも見つかりやすいですから。メリットもありますから。ただ、デメリット部分をどうやって緩和していくか?というと、やはり別のサイトを併用して、倍率の高い企業に多く遭遇しやすい状況から脱していくことも大切です。そのためには穴場的なサイトとしてオススメしたいのは「いい就職.com」です。ここは知名度もそこまでないというか、初めて聞いた人も多いと思うので、新卒大学生の利用者はそこまで多くないでしょう。そして、ここでしか開催されていない説明会やセミナーも多くあり、ここでしか出会えない企業もあります。少しでも倍率が高くなる状況を避けて、内定を取りやすくするために、本気で内定が欲しい学生は、他の就活生に差をつけたい方は、良かったら参考にしてみてください。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム