トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

仕事や会社と両立して学べる通信制大学はサイバー大学

働いている人で通信制大学に通ってみたいと考えている方もいるでしょう。通信制大学は非常に多くの大学があって、そこで多くの学生が学んでいます。その中には社会人として働いている方もいます。そういった方々が通信制大学に通う理由は、やはり社会人にとってえ大卒資格は非常に大きいのです。大学を卒業して入社している人が新たにまた大学に入学するケースもありますが、高卒で入社して大学に入るというケースもよくあります。

そういう場合、卒業が難しそうに思えますよね。働きながらですからね。簡単ではないですが、社会人であっても働きながら大学の授業を受けて、試験を受けて、単位をとって、卒業を目指すという方は多いですし、可能な大学もあります。仕事と両立できることが、社会人にとってまず大前提ですよね。そういった意味では、働きながら学ぶ予定の方はそういう大学を選ばないといけません。そのときに1つオススメしたいのがサイバー大学なのです。

名前は聞いたことありますよね。サイバー大学は、老若男女を問わず、多くの方が学んでいる大学で、社会人の割合も多いです。働きながら学ぶのに適している大学といえるでしょう。サイバー大学はそもそも4年間で卒業をすることを前提とはしていません。別に4年間で卒業しても良いのですが、4年で卒業できなくても問題ありません。というか、4年で卒業する人の方が少数鼻くらいかもしれません。社会人が多いからこその理由ですね。

何年で卒業するか?は人それぞれ違います。サイバー大学では、普通の四年制大学と違い、1年ごとに決まった授業料を支払う形態ではないのです。サイバー大学の授業料の仕組みは申請した単位によって変わります。四年制大学だと、単位が僅かしか残ってないのに、5年目を迎えると、また1年間分の多額の授業料をとられます。ただ、サイバー大学は4年で卒業しようが、何年かかろうが、払う授業料には変動はあまりありません。申請した単位数によってなので、授業の単位を落とさなければ、4年でも、5年でも、6年でも、支払う授業料は同じなのです。

そこが働きながら通う方にとっても非常に良心的と感じる部分ではないでしょうか?サイバー大学の授業は当然ネットから行いますから、キャンパスに通う必要はありません。時間の都合のいいときにパソコンからアクセスして、授業を視聴します。だから、家からでも、会社からでも、どこからでも、本当に暇な時間を見つければ、そのときに授業を視聴していけばOKなのです。こういう便利なところは四年制大学にはほぼないです。通信制大学ならではのメリットです。

サイバー大学で授業を教えているのは、ソフトバンク関連の会社など、IT関連の企業で働いているビジネスリーダーや先端工学を学んできた技術士などです。そこで学ぶ内容は、そのまま仕事に生きることが多いと思いますし、大学で学んだことが会社で生きる例って、文系の場合はあまり考えづらいのですが、サイバー大学の場合はそれがありえますから、効率も良いですし、そこで過ごした時間を無駄にしません。

自分のペースで授業を受けて、単位を取得して、卒業を目指せるという意味では、まさに働いている方にとって1番向いている通信制大学になるのではないでしょうか?通信制大学の中では知名度もありますし、多くの方がこれまで通ってきたという実績は信頼の証にもなるでしょう。サイバー大学について、より詳しいことを知りたい方、授業料や入学金など、費用はトータルでどれくらいかかるのか?授業内容や試験について、サイバー大学で学んでいる学生の生の声を知りたいという方は、ホームページにも詳しい情報は載っていますから、そこをご覧になるのも良いですし、無料で資料請求も可能ですから、もし良かったら取り寄せてみてはいかがでしょうか?

働きながら学ぶ/サイバー大学
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム