トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

内定者懇親会で私服やカジュアルな服装で参加すべきケース

10月頃になると内定式があるのでしょう。これは同じ企業から内定を貰った人たちが初めて一堂に会する機会になるわけですが、そのときに気になることがあるとすると、やはり服装かな?と思います。服装はどういったものを着ていけば良いのか?ということです。基本的に指定がなければ、就職活動をしていたときと同じような服装で臨むべきではないでしょうか?つまりリクルートスーツということになります。

色が派手じゃなかったり、柄が入っていなければ、別にリクルートスーツじゃなくても良いでしょうし、色は黒以外でも良いのではないか?と思います。ここは難しいですけどね。逆に服装に指定があった場合には、それに従えば良いのではないでしょうか?私服と指定されたり、服装自由と指定されたり、そういうことになると思います。私服と指定してくれればまだありがたいかもしれませんけど、服装自由とかだとちょっと困りますよね。私服でもスーツでもどっちでも良いという解釈になりますから。

服装自由と記入すると、たいていはスーツが多いので、企業側としてもそれは分かるはずです。予想できると思います。ならば、服装自由を書く意図は何なのか?スーツを着て欲しいならば、別に何も書かなければ良いと思うし、私服で構わないと思っているのならば、服装自由ではなく、「私服」と書けば良いでしょうからね。そうしない意図もよく分かりませんが、企業としてはそんなに堅苦しい格好をしないで良いと思っている場合もあるということです。

特にベンチャー企業や割と新しい企業というのは、その傾向にあります。普段の勤務時の服装が私服とかいう企業は、こういうところでも服装については緩いというか、寛容な精神なのではないでしょうか?逆に昔からあるような伝統的な企業はこういうところでもきっちり服装についてはTPOを求められると言う感じなのではないでしょうか?内定式は就職活動の延長として捉えた方が良いかもしれないので、服装については気を使う必要があるでしょう。

内定式は、もう内定を貰っていますから、選考や審査を受ける立場ではないので、そこまで相手の機嫌を伺う必要は無いのですが、これから長く付き合っていく会社ですから、あまり変な感じで思われたくないでしょう。したがって、服装については、その会社の雰囲気や意向を飲んだものにした方が良いでしょうね。そのときにまず見るべきなのが、先ほども言ったように、その会社の普段の服装とか、創業からの年数とか、そういったもので判断するのも1つの手です。

分かりやすい方法としては、私服でと書かれていたら、私服で行った方が良いと思います。私服で来てほしいと書かれていても、スーツで来る人は一定数いますよ。これは就職活動のときも同じです。ただ、過半数は越えないんじゃないかな?とは思いますけどね。内定者の考え方にもよりますけど。服装自由だと、スーツが大半になりそうです。8割くらいはスーツになりそうな雰囲気です。そして、指定を全くしなければ、ほぼ全員がスーツでしょう。

だいたい服装指定はこの3つのパターンが多いと思います。企業に問い合わせれば、毎年みんなどういう格好でくるのか?というのも分かると思うので、どうしても浮くのが心配という方は事前に問い合わせてみるのも1つの手でしょう。内定式で浮いた格好をしても、本人は気になるでしょうけど、企業の人はそこまで気にしていないのでは?と思いますけどね。よっぽど場違いな格好をしてこない限りは。学生のことを考えるならば、服装指定なんかしないでスーツを着てこさせるというのが良いかもしれませんが、企業によっては、普段はスーツをきないところもあるので、そこで結局悩むことになるので一緒かもしれませんけどね。私服勤務って、楽そうですけど、着る服に悩むからスーツの方が良いって人もいるでしょうからね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム