トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職の面接や書類選考のときに自己PRを求められる機会もあると思いますけど、どうやって考えていますか?自己PRは基本的には今まで働いてきた会社での出来事、そこで培ってきた能力等を企業にアピールするものですが、なかなか良いアイデアが思いつかない場合もあるかと思います。そのときに1つアイデアとしてヒントになるのは、失敗したことはなしてみるということです。失敗じゃアピールにならないじゃないか!?と思うかもしれませんが、それは話し方によります。

ただ、こういう失敗をしてしまったのです。出終わってしまえば、何のアピールにもならないでしょう。ただ、失敗は仕事をしていれば絶対にするはずです。これはどんな企業に勤めていても。だから、失敗をすること自体は企業は否定はしないでしょう。そして、その失敗をした後にどう考えるか?とか、どう行動できるか?といったことがその後の評価を分けることにもつながります。したがって、アピールすべきなのは、失敗体験そのものではなく、失敗した後にあなたはどうしたか?または今になってみてどうした方が良かったか?

それをアピールというか、語ることができると、人事担当者の見方も変わるかもしれませんし、十分なアピール材料になりうる可能性があります。失敗は絶対に避けられません。問題はその失敗した原因を突き止めて、今後失敗を繰り返さないためには何が必要か?どうすれば良いか?それが分かれば、失敗は根絶できる。そして、それが実際にできる人は評価されやすいと思うのです。失敗はマイナスではなく、プラスに転じるために必要なことでもあります。失敗がなければ進歩がない。と、ある予備校の有名講師も言っていましたが、失敗をネガティブに捉えるだけではなく、ポジティブな面も見出せると良いでしょう。

これまである程度の時間働いてきた企業ならば、何らかのミスをしてきましたよね。そのミスはどんなミスか?そのミスが起きた後にあなたはどう行動したか?それで結果はどうなったか?結果が良い方向に傾いたというのがベストですが、そういう結果に終わらなくても良いと思います。それはその場では、冷静に行動ができたか?は分かりませんから、全ての場面でベストな行動がとれるなんて人間はいないわけです。その出来事がとりあえず過ぎた後に、冷静になって見て考えてみれば良いのです。極端な話、今考えても良いと思います。

後になってみて、または今となってみれば、あのとき1番良い行動はナンだったか?どう行動すれば自体がより終息したか?冷静になって考えてみたときに、そういう分析ができるか?が重要なのです。そのときにできないのはしょうがないです。そのときにできれば1番良いですけど、そう上手くはいきません。だから、後になってみてからで良いんです。冷静に分析できるときにしてみて、ちゃんと問題の本質を捉えて、原因を探り、それが再び起こらないためにこうれをすれば良かった!それが見つかれば、あなたは十分有能でしょう。それを履歴書や面接の場にて、人事に説得力を持たせられるように話せるか?がカギになります。

要は失敗を経験して、そこから学べる人、その後に生かすことができる人という認識を与えるのが大切なのです。どんなに有能な人でも失敗はしますから、その失敗をバネにして次はもっと凄い成果を挙げてしまうのが、有能な人なので、あなたもそういう人材だと思われることは可能です。実際に、あなたがそういう人材か?どうかは分かりませんが、面接官などにそう思わせることが大切で、それが内定を貰うために必要な自己PRでもあるでしょう。なかなか難しいかもしれませんけど、本当自己PRの題材が思い浮かばない人、見つからないという人はこういった考えで探してみると良いかもしれません。普通のありがちな自己PRよりも魅力的に見える場合もありますから。

転職活動をしていくにあたって、求人はどうやって見つけていますか?転職求人サイトはいくつかあると思いますし、ハローワークなどを利用されているケースもあるかもしれませんが、1つオススメしたいのは「」です。ここは、大手、中小の転職求人サイト6個分の求人がまとめて検索できます。つまり、通常の約6倍の求人を対象に検索が出来るので、よりカバーできる範囲が広く、それいよってより自分の理想としていた企業、探し求めていた希望に合う企業が見つかりやすくなります。転職求人サイトって、そんなに多くは利用しないですよね。使っても、2、3個くらいかもしれません。管理が面倒だし、どこに応募したか?分からなくなりやすいですから。でも、利用するサイトが少ないよりは多いほうが良いのは、検索対象が増えると、その中に自分の希望に合致する企業が含まれている可能性が高まるため、キャリコネのようなサイトは非常にメリットがあるのです。

また、キャリコネの場合はただ検索できる企業の数が増えるだけではないのです。検索していて、良い企業が見つかれば、その企業の口コミを閲覧できます。これはそこで実際に働いていた人からの情報で、給料はどれくらいか?残業や求人出勤はどれくらいか?仕事内容はどうか?満足できる働き方ができるか?など、多くの方が転職に失敗しないために、事前に調べておきたいこと、できれば聞いておきたいことが率直に語られている可能性があるのが、この口コミになります。こういった情報は聞きたくても聞聞きづらいですし、聞いても本当のことを教えてくれるとは限りませんから、こうやって社員の人がちゃんと真実を語ってくれるような場はかなり貴重でしょう。キャリコネの口コミは会員ならば誰でも閲覧できますし、全国数十万件の企業の口コミがあって、量も相当ですから、転職に失敗したくない!入社する前に企業の実態を知っておきたい場合には、無料で利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム