トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

必要のない人が利用しすぎて迷惑?救急車利用を有料化!

昨日放送の「ビートたけしのTVタックル」で、救急車の有料化の話が出ていました。救急車の有料化によって、救急車の出動からの現場到着までのスピードを早めて、より必要な人に救急車によるサービスを施していきたいという思いがあるそうです。実際、明らかに救急車いらないだろと思えるような人が救急車を呼んでいるがために、必要じゃない人のところに行っている分、必要な人のところへ到着するのが遅くなっている事態があるようです。

それについて、賛成と反対に分かれてスタジオで議論していましたが、救急車を呼ぶこと自体が国民に与えられたセーフティネットであり、確かにそういう迷惑な人がいたとしても、そういう人を排除しようとすると、本当に必要な人が躊躇して呼ばないケースがあり、それが後々影響してしまうようなケースがあるそうです。生活保護みたいな考え方かもしれないですね。不正受給を取り締まろうとして、申請の条件とかを厳しくすると、必要な人に益々行き渡らなくなる。現在でも、全然行き渡ってないですけどね。

この問題を語るうえでは、有料化した場合の必要な人が躊躇してしまう割合と明らかに必要のない人が救急車を呼ぶ割合、どちらが多いのか?ということではないでしょうか?これは私は分かりません。医療の現場にいる人は、後者の割合についてはなんとなく分かるかもしれませんけど、前者の割合はなんとも言えないでしょう。私の立場はどっちかっていうと、賛成かな?という感じですが、積極的賛成するわけではないです。

先ほど言ったように、救急車がセーフティネットという扱いならば、当然お金はとるべきじゃないのだが、セーフティネットが事実上機能しづらくなってきているのがあって、それを少しでも機能を改善させることができたら、より国民のためになるというのならば、有料化もやむを得ないかな?と思います。あと、私がやや賛成という理由は、金額がそこまで大したものではないので、事実上救急車を利用できる人が減少するということは起きないだろうと思うことです。

いくらとるのか?については、4千円あたりと言われています。これは救急車を呼ぶときに払うのではなく、到着して治療を受けた後に払うことみたいです。スタジオの賛成派の医者の人が仰っていたのは、4000円を躊躇するような人、その後の治療人かも払えないから、そもそも病院に行けないというものです。これは確かにそのとおりで、症状とかによりますけど、本当に救急車を呼ばないといけないような人は、治療費の方が高くつくケースも多いでしょう。それは払うときになってみないと金額は分からないが、その治療費を負担できる人と考えるならば、4000円くらい何とも思わないという意見なのでしょう。

あと、私が1つ賛成派に傾きかけている理由は、医者に診てもらって何の問題もなかった。治療もしていないというケースでも、お金はかかるわけだ。ならば、救急車を呼んで何もなかった。それを治療費の中に組み込む形で、請求してもあまり不自然な感じはしない。救急車はセーフティネットだが、医者の診療は違うというのもあるのだろうけど、医療それ自体を完全無料化している国もあるから、私は理想はそこになるのかもしれない。日本の税制を変えないと、そこまでは無理なんでしょうけどね。

救急車自体をセーフティネットと考えるならば無料の方がしっくりくる。ただ、お金をとってもそれが必要な人が利用できない事態になるか?というとそうは思えない。あと、明らかに必要ない人の利用が減って、より迅速に必要な人の元へ向かえるなどの効果もありそうです。最初に言ったように、お金をとることでどの程度効率化されるか?が問題であって、やってみないと分からない部分もあるから、何とも言えないのですが。

他の国ではお金がかかる例は普通にあるみたいですが、救急車の有料化にはいろいろな問題があると思われますから、それを今後どうやって小さくしていくか、減らしていくか?が鍵でしょう。反対派の人は有料化よりも、教育や啓蒙の方が大切と言っていましたが、それで代替できるならば越したことはないかな?という感じです。利用者の利用の仕方が変われば、有料化の話は今後出てくることはないかもしれませんからね。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム