トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

東洋英和女学院大学に入りたい、受かりたい人へ、難易度はどうか?

東洋英和女学院大学に入りたい受験生も多いのではないでしょうか?ここはキリスト教系の学校なのでしょうか?大学名からもお分かりいただけると思いますけど、そういう雰囲気の学校です。私も何度か行ったことあるんですよ。英検かな?の試験会場がここだったことがあって、横浜キャンパスで良いのかな?に何度か行ったことがあります。最寄り駅からバスに乗っていった記憶がありますけど、雰囲気は良かったですね。

ただ、結構住宅地の中にあるので、ここに大学があるのか?みたいな雰囲気ではありますが、キャンパスの中は凄い良い雰囲気だったなと思います。教室の中にも入りましたが、あまり覚えていないのですが、歴史を感じさせるような室内だったかな?大学というよりは高校とかにありそうな建物の中という印象でした。女子大なので、一般的な大学とは雰囲気も違いますし、人間科学部と国際社会学部しかないようですから、学生の数も少ないです。

だから、キャンパスの中も割とこじんまりとした雰囲気だったと思います。その東洋英和女学院大学に受かるには?どれくらい勉強すれば良いのでしょうか?東洋英和女学院大学は偏差値的にはあまり高くありませんから、誰にでもチャンスはあるでしょう。河合塾の偏差値で45~48くらいの間みたいですから、真ん中よりは下ということになってしまいます。したがって、普通の学y録レベルの人ならば受かるということになります。

今の学力レベル、偏差値にもよりますが、真面目に勉強をすれば受かるでしょう。今、仮に偏差値が30台とかであっても、十分狙える大学ではないか?と思います。中1レベルの怪しいとかでなければ、可能性は十分あると思います。東洋英和女学院の場合は、偏差値50あれば十分受かる可能性があると思いますから、全て科目とは言わないけど、受験科目を平均して50に届いていれば、問題ないでしょう。つまり、できるだけバランスが良いことにはこしたことないが、苦手科目、得意科目、普通の科目などをトータルして、偏差値50を目指していけると、合格可能性はかなりあるでしょう。

東洋英和女学院大学の入試方式は、A方式とB方式の2つあって、A方式は英国社の3科目、B方式は英語と国語または社会の2科目入試です。社会は日本史か世界史です。2科目で受けられる方式もあるので、苦手科目があって、それがどうしてもダメという場合には、2科目で受けられるB方式を受けてみてはいかがでしょうか?東洋英和女学院大学は学部が2つしかなくて、それぞれの募集人数も多くありません。だから、倍率はそこそこ高くなるかもしれませんが、偏差値的にいえば、そこまで難易度は高くないと言えるのではないでしょうか?

入試問題との相性もあるので、1度過去問をご覧になると、難易度が如実に分かると思いますし、自分の学力と東洋英和女学院大学の問題との相性も分かると思います。ある程度の時期になったら解いてみましょう。あまり早い時期から解いても、まだ学力レベルがそこまでいっていないでしょうから、解けない問題が多くて参考にならないかもしれませんから。10月以降くらいで良いのではないでしょうか?とにかく受験で使う科目を平均して偏差値50まで上げていくのが第一目標になるでしょう。

東洋英和女学院大学は、私も何度か行ったことがあるのですが、雰囲気は良かったなという気がしています。実際に東洋英和女学院大学に行きたい、受かりたいという方は「なるには進学サイト」で無料の資料請求ができます。ここから資料請求をすると、ホームページにもなかなか載っていない受験生に向けた情報が多いです。入試に関する情報は勿論ですけど、実際に東洋英和j学院大学の学生になったら、どういうキャンパスライフを送るのか?授業はどういうものを受けるのか?サークル活動、ゼミ、バイトはどういう感じか?卒業後の進路は?就職率や就職実績は?といった受験生が気になる情報がより細かく、詳しく載っていると思います。そういった情報を知ることで、モチベーションが上がって、余計に東洋英和女学院大学に行きたいという気持ちが強くなる可能性もありますから、受験勉強に今まで以上に身が入るという効果も期待できるかもしれませんね。サイト内で「東洋英和女学院大学」と検索するか、上の「大学・短大」のタブから、「地域から探す」で神奈川県を選ぶと、ページをめくると出てくると思います。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてください。

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム