トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ドッジボールは暴力的な競技か?怪我するリスクも高いと思うが

ネット上で面白い記事を見つけたのですが、「ドッジボールは暴力?」みたいなニュースがありました。ドッジボールは、相手に向かってボールを投げ合ってぶつけるスポーツなので、人から見たら暴力的に見えなくはないでしょう。私は小学生の頃にやっていましたが、割と好きな方でした。ただ、どじボールが嫌いな人がいても不思議ではないでしょう。嫌いな人は嫌いだと思いますよ。好き嫌いが結構分かれそうな競技ではありますよね。

昔からずっとあったものでしょうから、昔の人はそうは思わなかったのでしょうか?ドッジボール以外にもそういう暴力的というか、あまり良いイメージじゃないスポーツはあるかもしれません。例えば、ボクシングとかね。相手を殴るわけですからね。ただ、ボクシングはやりたいやっているわけですから、本人が殴られる覚悟でやっているので、そこは別に良いかな?とは思いますけど。ドッジボールは学校でやるし、体育とかでやる場合には、強制参加になるわけです。

だから、ドッジボールが嫌いな人たちは、最初から外野になったりして、当たる機会を作らない。また、最初にわざとあたって外野に回る。そういう安全策をとろうとしている人もいるかもしれません。ドッジボールが好きじゃない人はしょうがないでしょうね。「いじめの温床になる」という言い方をする人もいますが、それはどうかな?と思いますけどね。特定の人ばかりを狙って投げているような状況ならばともかく、満遍なくいろいろな人が狙われているなら、別に問題はないのではないですか?

運動神経が鈍い人、こういうのが得意じゃない人は、ほぼ確実に痛い思いをする。避ければ良いという人もいるが、そもそも避けようと思って避けられるんだったら、ドッジボールっていつ終わるんですか?永遠に試合は終わらないでしょう。避けられないようなボールを投げる。避けられないような人がいるからこそ、最終的に決着がつくんですよね。よければ良いというのは、あまりに他人事過ぎる発言じゃないか?と思います。

苦手な人はほぼ確実に当てられて痛い思いをする。中には凄い柔らかいボールを使ってドッジボールをしているケースもありますから、その場合には痛みはほとんどないと思うので、まだ良いかな?とは思いますけど、ああいうボールって投げている側からすると、上手く投げられないというか、力が伝わりづらいので、ドッジボールを好きな人からすると、あまり楽しめないかもしれません。これはドッジボールが好きじゃない人を考慮した場合の折衷策なのでしょうがない気もしますけどね。

ドッジボールを休み時間などに好きな人たちだけでやっている場合には良いかもしれませんが、体育の時間などで強制するとちょっとって気はしないでもないです。ただ、体育のほとんどの競技というか、スポーツは全員が好きなわけないので、そこは難しいですけど、やっぱり苦手な人がほぼ苦痛を感じる。しかも、肉体的苦痛を感じるというのが他のスポーツや競技にはないところですよね。相手にボールをぶつけるわけですからね。

サッカーのゴールキーパーとかは、ボールが当たることはあっても、キーパーを狙うわけじゃないですから。ドッジボールはそういう意味では、異質な競技なのかもしれないです。そういう競技だと言ってしまえばその通りでしょうけど、でも怪我する人とかいないのかな?怪我人が出れば多分実施頻度も縮小されていくんじゃないか?と思います。固いボールを使っていたら、怪我する人も出てきそうですけど、案外出ないんですかね?柔道などでは死亡者も出てしまっているみたいですけど、ドッジボールも場合によっては危ないと思います。怪我のリスクも他のスポーツよりは高いかもしれないし、頭に当たったら勿論無防備な状態で当たるわけですから、本当に危ないと思う。野球の軟式球とかよりもドッジボールのボールは固い気がする。そういうスポーツに無理矢理参加させられていたとしたら、ちょっとねーと思うかもしれないです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム