トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

社会人が使って恥ずかしくない財布の平均の価格や相場はいくら?

社会人の人が買うべき財布の相場っていくらくらいなのでしょうか?社会人の方の場合は、やはり人前で気を使うケースも増えると思います。プライベートのときは別にあまり深く考える必要もないかもしれませんが、仕事で例えばお勘定をするときに安っぽい財布を見せたくないとか、そういう心理は働くかもしれません。見た目で高いとか、安いとか、分かる人はそうはいないですけど、自分の気持ちとして、安い財布だと思われたらどうしよう?とか、他の人は高い財布使っているんだろうなと思えてくるかもしれません。

財布は最低限の機能さえあれば、別に後はどうでも良いかもしれませんが、洋服とか一緒で、ファッションの一部になりえるものだと思います。したがって、安いものでも気にしない人は良いですが、人前で着るものをある程度気にされる方は、多分財布についても気にされると思うのです。だから、高い財布を買う必要はありませんけど、社会人の平均くらいのものは持っておきたいですよね。社会人はどういう財布を使っているのか?というと、ブランドはバラバラです。

あと、製造国もバラバラかな?日本製のもの、中国製のもの、あとは海外のイタリアやフランス製のものが多いでしょうか?ヨーロッパ製のものはだいたい有名ブランドで、みんなが名前を知っているようなものに成ると思います。そういった財布は、10万、20万は余裕で越えてきますから、よほど給料の良い人や財布にこだわりのある人以外は買わないですよね。というか、買えないでしょう。一部、そういう人もいますけど、社会人の平均でいえば、金額は2~3万円くらいではないでしょうか?

金額でいえば、このあたりの財布を持っていれば特に恥ずかしい感じはしないということではないでしょうか?正社員として働いている方であれば、間違いなく購入できる範囲ではないでしょうか?あと、基本的には革の財布ですね。本革です。合成皮革とかじゃない。たまにPUレザーみたいなのがありますが、ああいったものはやはりオススメしません。時間の経過とともに、使っているうちに剥がれてきてしまうのです。脆い性質があるので、本革を使用した財布を使った方が良いと思います。

PUレザーは1万円しないものが多いですからね。2、3万出せば、本革の財布は買えますよ。私も社会人に見合った財布を買おうとずっと思っています。大学生のときの財布をずっと使っているので、ちょっと消耗度も激しいので、そろそろ変えないとマズイというところまできていて、良い財布ないかな?と探しているのです。予算としては、同じく2、3万円くらいを目安に考えています。あまりお金は出せませんけど、良い革を使っているものは長く使えますから。だから、今度は上質なものを選びたいなと思っています。

通販で探しているんですけど、特に気になっているのが「AYAME ANTICO」というショップで、ここが惹かれた理由としては手作り、ハンドメイドで作っているというところです。財布以外にも小銭入れ、キーケース、ベルト、ブックカバー、などを売っていて、基本的にイタリアと日本の職人がそれぞれ手作りで時間をかけて作っています。イタリアといえば、有名な財布のブランドもいくつかありますが、数万円出せればイタリアの財布も買えますから、私はちょっと気になっていて、そのうち買おうかな?と思っています。イタリアと日本の技術が融合した素晴らしい製品が多く販売されているのです。

ここで扱われている財布は、どれも見た目だけでも相当手がかかっているというのが分かるし、質もかなり高いものだというのがすぐに分かるほどのものだと思います。社会人として、こういった財布を持っていれば、人前でも進んで見せたくなってしまいそうです。あまり良い財布を見せびらかすと嫌われる原因になるかもしれませんけど。これだけの財布が2、3万円で手に入るというのが逆に驚きですね上質なレザーを使って、熟練の職人の技を掛け合わせた結果、こういった素晴らしい製品が出来上がるわけですから、やっぱり手作り、ハンドメイドは違うなという印象を持ってしまいますね。私自身もいずれお金を貯めて、ここで新しい財布を買いたいと思っています。多くの方にもオススメしたいショップですね。財布を探している方、新しいのが欲しいと思っている肩アタは、良かったら参考にしてみてください。

アンティーク製法で生まれた貴重なイタリアンレザー×日本の熟練職人
の縫製が生み出す上質な革製品≪AYAME ANTICO≫

関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム