トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

夏休みのオープンキャンパスの1人、ぼっち参加はメリットがある

高校生にとって、夏休みの時期は貴重な期間ですが、その休みを利用してオープンキャンパスに行くこともあります。オープンキャンパスは大勢の人が大学の中に集まる印象ですから、友達同士で行っている人が多いという感じですよね。私も高校生のときには2回行きましたが、両方とも友達と一緒に行きました。何か1人では行きづらかったんですよね。1回目は自分から誘って、2回目は友達に誘われた感じです。

オープンキャンパスはそのような感じで、友達同士で行くケースが多いのかな?とは思いますが、1人で来ている人もいるはずですよ。1人で行かないといけないケースというのもあると思いますから。例えば、行きたい大学が友達は全く興味がないという場合には、そういう人を誘うのも何か・・・って感じですよね。無理に誘うのもあれですから、1人で行った方が良いかな?と思うのは普通にあるのではないでしょうか?

キャンパスの中は非常に人が多いので、誰が何人と来ているか?というのはほとんど分からないと思います。だから、いわゆるぼっち参加でも周りは何も思わないでしょう。あと、中には親と一緒に参加するケースもあるそうです。親と参加するのは圧倒的少数派かな?と思いますけど、親もやっぱり大学確認したいんじゃないですか?子供が通うかもしれないところですから、自分の目で見ておきたいところというのも割とあるのだと思います。

基本的に1人でオープンキャンパスに行って困ることというのはないと思います。むしろ、複数人で行くと、他の人の意見も聞いたり、自分はあまり興味ないけど、他の人が行きたいところに一緒に行付き合ったりしないといけないため、自由に行動できる時間が少なくなります。本当にその大学について知りたいのであれば、1人で行った方が何かと都合は良いかもしれません。1人で行った方がメリットもあると思います。

オープンキャンパスはかなりお祭り気分みたいで盛り上がりを見せているかと思いますけど、本来の目的は主体的に参加して、大学のことをよく知るということですから、寂しい気分になるかもしれませんが、1日だけですから耐えましょう。その1日を有意義に過ごすためには、寂しさとか感じている余裕はないです。大学側が用意してくれている催しを利用して、普段は体験できないようなことを少しでも味わっていきましょう。

あと、オープンキャンパスという機会を逃すと、なかなか自分から大学に見学に行ってみよう!とか思えないですよね。だから、オープンキャンパスのときに集中して大学の中を見て歩くことは大切なのです。どうしても1人が嫌と言う方は友達を誘ってみても良いと思います。私も2回目のオープンキャンパスは友達の付き合いという面もありました。行きたいと思っていた大学ではなかったので、そんなに行く気もなかったのですが、良い機会だし、こういう機会を逃すと2度行く機会ないかもしれないしと思って、参加してみました。

その大学は受験しませんでしたが、いまだにそのときの記憶は残っていますし、そこそこ楽しかったなと思えました。興味のない大学でも、何かしら良いところ、心に残るところはあって、それを見つけられた結構良い思い出になるのではないか?と思います。そういう意味では、友達の志望大学のところに行くから、私の志望大学のオープンキャンパスにも行かない?とか誘ってみるのもありでしょう。

そんな感じで誘えば、志望大学が違う場合でもお互いに一人にならずに参加できるということになります。そんな取引をしなくても、普通に一緒に行かない?と言えば付いてきてくれるかもしれませんし、志望大学じゃなくて、どこでも良いからとりあえずオープンキャンパスに行くという方は、友達と話し合って、どこか大学を1つ決めれば、一緒に行けるでしょう。そんな感じで、どうしても1人が嫌な方は事前に友達に連絡をしておきましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム