トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

毎年、夏になるとコミックマーケットの時期が近づいてきますが、このコミケで1つ問題になっていることがあるそうなんです。それが毎回出る徹夜組なんだそうです。私はコミケに参加したことが無いので、どの程度のものなのか?は分からないものの、相当な規模でコミケ開催前日の周辺で徹夜をしながら待っている。並んでいる人たちがいるようです。一応、徹夜をすること自体はコミケの主催者側としては望ましくないが、黙認している状態らしいのです。

徹夜組がそもそもどういう風に迷惑をかけているのか?正直分からないです。その周辺に住んでないから。深夜に近隣に人がたくさんいて不気味くらいだったら正直許してやってくれ。と思う。うるさく騒いだりするのは論外だと思うが、人が多く集まっているくらいならしょうがないでしょう。深夜だろうが、なんだろうが、人がどの時間にどこを歩くか?は勝手なのだから。職質問等をされるかもしれないが、警察官も明らかにコミケ参加組だろうと分かる人相手にはしないでしょう。

だから、深夜に多くの人が特定の場所に集まっているくらいならしょうがないと思う。それを迷惑と言う気持ちは分からないでもないけど、深夜にたまたま同じ目的同じ場所に多くの人が集まっているに過ぎないわけで、通行の邪魔とかになってない限りはしょうがないでしょう。深夜にどこを出歩いたって、その人の自由なんだから。それが大勢集まると、何だか不気味に見えるというだけの話でしかないと思うのです。

実際、主催者側がそういう徹夜組を放置しているのは、今が最善の状況だからという判断もあるらしいですね。警備員とかを雇うお金も非常に多くかかるし、そういう人たちを雇ったとしても、徹夜をする人がいなくなるわけではないからです。会場周辺で屯する人たちは排除できるかもしれないが、会場周辺からいなくなるだけで、今度は住宅地や駅の近くに場所が変わるだけ。最終的にはより多くの人がいる場所で屯されて、より迷惑になるだけ。という判断から、今の状況で妥協するしかないという判断なのでしょう。

徹夜で並ぶというのは、別にコミケに限ったことではない。むしろ徹夜じゃなく、昼間に行列を作っている場合もあり、規模によってはこっちの方が迷惑になる可能性もある。昔からいえば、ドラクエの新発売とかも多分凄かったんでしょうね。私は当時のことはよく知らないですど。国民を巻き込んだブームになるものは、それだけの力があるんでしょうね。並ぶことに何らかのメリットがある以上は、仮に禁止してもなくならないでしょう。整理券を事前に配ったりして、あえて並ぶ意味を完全になくすとかしない限りは無理なんでしょうね。

ただ、コミケの場合は、整理券自体は一部あるようなんですが、事前予約なし、入場制限なしのスタンスみたいですから、制限するようなことはしたくないのかな?また、整理券を持った人も徹夜するらしいので、何かコミケはいろいろと複雑みたいですね。後は、徹夜をすること自体が1つ目的になっている部分もあるのではないですかね?祭りよりも祭りの準備をしているときの方が楽しいとか言われることありますけど、深夜に徹夜して並ぶこと自体が、コミケそのものの一部になっている。徹夜それ自体が1つの楽しみになっている。というのは何かある気がします。

本番に向けた予行演習に近いのではないでしょうか?並んでいること自体が割と参加者にとっては楽しいのではないか?と思うのです。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム