トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

子供の写真をSNS上に気軽にアップする親は大丈夫なのか?

公共の場に自分の子供の写真を載せることの是非について問われているシーンもあります。公共の場というのは、主にインターネット上のことで、SNSなどに自分の子供の写真を投稿することについて問題視する人もいます。頻繁じゃなければ良いという人もいるでしょう。確かに、親としては悪気があってやっているわけではないですし、たくさんの人に自分の可愛い子供を見せたいという気持ちがあるのでしょう。

気持ち自体は問題とは思わないが、問題なのは子供の許可をとれないことです。例えば、大学生が友達同士で遊びに行って、そこで撮った写真をSNSに載せる場合に、さすがに無許可で載せる人の方が少ないと思います。一部、そういう人もいるかもしれないけど、たいていは許可をとってから載せるなり、許可が降りない場合には加工をして顔を隠すなりするでしょう。要は大人社会であれば、それはすべきというか、しないとマズイことという認識になっている気もします。

さすがにプライバシー権の問題もあれば、肖像権の問題も出てくる可能性がある。それどころか、例えばTwitterなどであれば、アカウント情報を調べて、投稿者の住所などだいたいの位置が分かってしまう場合がある。すると、そこに映っている人への影響も心配されてしまう。ネット上に個人情報を晒すというのは、本当に危険な行為なのです。その危険な行為をする際には、やはり当事者の許可をとっておくべきでしょう。

さて、赤ちゃんの場合、子供の場合はどうか?許可の意味なんて理解していない年齢の子供の写真をネット上にアップすることの危険はどうか?成人していたり、ある程度大人になっている人と比べると危険性は相対的には少ないのではないか?とは思いますが、さすがにないわけではない。リスクとしては限りなく少ないけれども、100万人が同じことをやれな、そのうちの数人が何らかの被害に遭う。それくらいの可能性は持っているように思う。

そして、これが許可を出した上でのことなら、勿論許可を出した方にも責任があり、アップした人の責任は客観的に見たらそんなにないかもしれない。ただ、許可を取れない中でアップして、その子供が被害に遭ったら、もうどうしようもない。親が相当バッシングに遭うでしょう。実際に写真をアップしている親というのは、恐らくそういう予測が全く立っていないわけではないでしょうけど、多分大丈夫だろうと油断しているのは間違いないと思います。

予測が出来ているのならば、リスクは是非摘んでもらいたいのだけど。写真をアップする動機は分からないでもないが、やはり親としての務めを考えると、あまり相応しくない行為には思える。友達だけに見られるようにしておけば大丈夫だろうと思っているかもしれないが、その友達が何を考えているか?分からない場合もあるし、その友達が写真をシェアして、第3者に見られる可能性もある。リスクを縮小したつもりでも、どこで大きくなっているか?分からないのです。

子供がそういう被害に遭った場合には親が100%責任をとらないといけないわけですが、「責任をとる」なんて言葉で片付けられない事態に遭遇するかもしれない。ある程度の年齢になるまでは、子供の人生は親が決めてしまう側面もある。親の考え方次第で子の人生は決まるといっても良い部分もあるでしょう。そういう事件が起きてから学ぶというのは、アホとしか言いようがない。事前にわずかながら予測できた行動についてはやはり摘んでいくべきだと思うし、事件が起きてから学ぶのではなく、十分予想できるときから対策を施していくのが1番ではないのでしょうか?そういう世の中になっていってほしいですね。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム