トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ノマドワーカーとは?分かりやすく説明したいと思います

「ノマド」、または「ノマドワーカー」という言葉がずっと前から話題になっているようですけど、どれくらい社会に定着しているのか?は分かりません。ちなみに、私の両親に尋ねたところ、2人とも知らないという回答でした(笑)現実的にノマドという言葉の意味を正しく理解しているのは10人に1人くらいじゃないでしょうか?

では、「ノマド」とはどういう意味なのか?これは「遊牧」を意味する言葉らしいです。すると、何となく想像がつきませんか?ノマドという人がどういう人たちなのか?これは要するに勤務場所が特定されない労働者のことを指しています。

一般的なサラリーマンは決められたオフィスで仕事をすることが多いでしょう。営業の人なんかは決められたオフィス以外で仕事をするような場合も多いと思いますけど。ですから、企業に勤めていても、勤務場所がオフィスだったり、カフェだったり、自宅だったりと、頻繁に変わるような人たちも「ノマド」に含まれるわけです。

ただ、一般的な「ノマド」という言葉はフリーランスのような個人で仕事をしているような人たちのことを指しているような気がします。彼らも自宅、図書館、カフェ、ファーストフード、ノマド専用のスペースなど、仕事をする場所はいくらでもあります。

今は社会全体がこういう労働者を受け入れる体制ができているようで、いろいろな場から無線LANを接続できるようになっています。ですから、ノマドで働いている人たちにとっては非常に働きやすい労働環境が整っているわけですね。ノマドにとってのオフィスはこの世の全てといっても過言ではないかもしれません。
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム