トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

バイラルメディアは無断転載等、著作権侵害の収益ばかりで悪質?

バイラルメディアというWebサイトをご存知でしょうか?定義は微妙な感じもするけど、TwitterやFacebookなどのSNSなどを通じて拡散されやすい話題や記事などを扱っているメディアのことで、こうしたバイラルメディアは非常に多くあるわけですが、以前から批判に晒されていたりします。それは著作権を無視した、記事などを多く扱っていたりすることです。私は普段、そういうのをほとんど見ません。個人ブロガーのブログばかり見ています。

たまにNaverまとめを見るくらいかな?見るというか、検索してたまたまアクセスしたページがNaverまとめだったりするわけですけどね。Naverまとめについては、基本的にほぼ全てが引用のみで形成されたページが多く、自分のオリジナルの文章はそんなに多くないです。全て引用のみで構成されたページも少なくないでしょう。そこが問題だとしている人もいますね。Naverまとめは、PV数に応じて報酬が貰えるので、引用なのか?転載なのか?境界線ははっきりしませんが、そういった他人の生み出したコンテンツを無断で利用してお金を稼いでいる人をよく思わない人がいるのです。

「他人のふんどしで相撲を取る」と批判している人もいます。私自身も、私の書いているブログが何度か無断で、Naverまとめの引用に使われたいたりします。ただ、私は別になんとも思っていないです。Naverまとめは、だいたい引用元を載せてくれているので、少なくとも私の書いた文章だと分かりますし、引用元があることにより、そこから私のブログへのアクセスもわずかながらあります。

だから、私にとっては、Naverまとめで引用してくれるというのは、私のブログを宣伝してくれているに等しいです。だから、メリットの方が大きいと思う。向こうもそれでお金を稼いでいるのなら、誰も困らないジャン。Win-Winの関係ですよ。だから、そういう引用の仕方をするのならば、どんどんやってくれて構わない。そういうスタンスです。それでお金を稼がれても、私は光栄に思うくらいですよ。自分のブログが役に立ったと、そういう風に解釈しています。

そういう人が全てではないでしょうけど、別に無断引用、無断転載の全てが誰かを困らせているわけではないし、糾弾するほどの問題ではないと思います。許可をとった方が良いのは、その通りだろうが、許可なんか1個1個とっていたら、手間がかかってしょうがない!という事情もあるのでしょう。だから、無断で引用または転載するのが暗黙の了解になってしまっている。そうしたメディアがウケている。多くの人に支持されているという現状を見ると、著作権法の考え方の方に違和感を感じている人が多くなってきたんじゃないか?と思います。

著作権法自体が世の中の流れに沿わなくなってきているという面はあるかもしれないですね。現在の法律では、親告罪だから著作権者が訴えない限りは何も起きない。だから、どうせ誰も訴えないだろう。または見つからないだろう。と思って、無断で引用や転載を繰り返している人もいるような気がします。著作権法的には、そういう行為はグレーゾーンで、何とも言えないらしいですが、そういう行為はグレーゾーンだとしてもやっぱり問題だと言う人が、バイラルメディアを批判しているのでしょう。

著作権法自体が、著作権者が訴えない限りは何も起こらない、起こせない性質のものなんですが、そもそもこの問題でバイラルメディアを批判しているのは、恐らく著作権者ではない人、実際に無断転載とかされた人じゃないケースも多々あると思うんですけど、その人は一体何に対して批判しているのでしょうか?著作権者が何も言ってこないケースというのは、あえて利益が黙認しているケースもあれば、ただそういう事態を知らない(知っていれば訴えているかもしれない)ケース両方あると思います。

例えば、明らかに著作権違反だなと思われる同人誌が何故これだけ普及しているか?というと、多くの著作者が黙認しているからと言われています。同人誌は登場するキャラクター自身は完全に著作物から拝借しているものだし、後は学生とかがやるコピーバンドだって、学園祭とか、大勢の人がいる前で演奏したら、当然許可は取っていないだろうから、著作権的には当然同様のことが起きる。ただ、こっちにはあまり批判はあまりこない。その差は何か?っていうと、お金が発生しているか?いないかでしょうね。

コピーバンドの演奏だって、その曲の著作者である本家バンドは訴えることはないだろう。実際、ただ、1回演奏をしただけでは、著作権侵害が認められないというのもある。経済的な損失もないだろうし。バイラルメディアに批判がくる理由は、お金が発生していることが大きいと思う。人の著作物を使って、お金を儲けるな!といった部分が大きいと思います。お金を儲けていたとしても、著作者に経済的な損失は認められないケースも多々あると思うのだが、そうなるとコピーバンドの例と同じで、そっちには批判がいかないけど、こっちにくるのはどうして?となるのでしょう。ましてや著作者の意向とは裏腹に、勝手にダメなこと扱いされているケースもあるでしょうからね。

著作者が黙認しているのに、第3者が批判をして、転載行為等が行われなくなってしまったら、それ自体が逆に損失になってしまう。著作者の利益を失わせる行為になってしまいがち。そういう可能性もある。バイラルメディアやそういう無断転載等、一見著作権を侵害していると思われる行為でも、その侵害しているかもしれない方を咎める前に、著作者に「侵害されてますよ?このまま放置して良いんですか?」と1度確認をした方が真っ当なプロセスなのではないでしょうか?


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム