トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

就業規則の副業禁止規定は違法の可能性あり!守らなくて良い

会社員は副業を禁止されているという。確かに、多くの会社で従業員に副業を禁止しているケースはあります。ただ、それで副業ができないんですか?意味が分かりません。副業禁止規定があるから、うちの会社は副業できないんだよ。みたいなことを言っている人もいますけど、これは正確には正しくない。その副業禁止規定を定めた就業規則が法律に反してない保証はどこにあるのでしょう?サラリーマンは諦めが早すぎる。

というか、会社のいうこと=絶対ではないのです。副業禁止規定は中には守らなくても良いものも存在します。当然、就業規則は法律の範囲内でなければならないからです。本当は就業規則っていうのは、就業中の規則ですから、就業以外の会社員の行動を縛る権限はないのです。だから、理屈から考えたら、業務時間以外で、副業をしたって関係ないんです。就業規則っていうのは、就業時間以外のことは本来は書けないのです。

ただ、就業規則を作っている人間が多分それを知らない。そして、それを守る立場にある会社員もそれを知らない。だから、副業をしてはいけないみたいな風潮が出来上がってしまっているのですが、そんなことはないということです。実際、だからといって全ての副業がOKなわけではなく、業務上の秘密が漏れそうな類の仕事や業務に差し支えありそうな仕事(労働時間が異常に長い副業等)ものは会社は禁止できるという判例があり、それ以外ならば、裁判所が認める可能性はそれなりに高いと思います。

在宅で行うような副業であれば、会社に知られることもない。いくら就業規則の副業禁止規定が無効だとしても、会社は副業をしてほしくないというのは間違いないと思います。だから、公然と副業をしていることがバレるようなやり方は避けたほうが良いのでしょう。そうなると、やはり在宅での仕事を選ぶというのが賢明な気がします。在宅の仕事であれば、なかなかバレないと思いますよ。あまり稼ぎすぎない限りは。

会社は従業員に副業をしてほしくないと思っている。と述べたが、これは本業の方に集中してもらいたいからでしょう。当然、副業に手を出せば本業がその分疎かになりやすいから。という企業の考え方自体は分かるが、公務員でもないのに、副業をやるな!って、そんな企業は絶対に倒産しないのですか?絶対にリストラしないのですか?これが約束っできないで、副業をやるなっていうのは、無責任すぎるだろ。

何で副業するか?って言ったら、今の給料じゃ全然満足できないから、もしくは足りないから、または仕事を失ったときのために別の収入源を確保するため。など、いろいろな理由があるでしょう。つまり、従業員が副業に手を出す理由は、将来への不安や会社への不満の表れでもあるという。それを改善しないうちに、副業をやるなというのはおかしいと思う。少なくとも、3番目の仕事を失ったときのために副業をしている例はまさにまともです。

会社が潰れない保証、リストラしない保証はない。そんな約束ができる会社はまずない。ならば、それに備えて収入減を他に見言い出すのはごく普通の行動のように思う。それを否定するのは、あまりに会社の都合を優先させすぎだろうと。労働者の生活や将来のことを考えていない。端的に言ってしまえば、「自分勝手」とかし言いようがない。すでに述べてきたように、副業を禁止されていても、それに従わないといけないケースはそんなに多くない。皆さんも、会社の言っていることは全て守らないといけないとか、全て正しいとか、そういう先入観をまず取っ払いましょう。ブラック企業問題でも分かるように、彼らは平気で法律を破ってくるのだから、副業禁止規定もその可能性を是非疑ってほしいです。そして、法律に詳しくなりましょう。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム