トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

生活保護バッシングって、完全に叩く相手を間違えている

ブロガーのイケダハヤト氏のブログには生活保護バッシングについての記事が書かれています。ここに書かれているのは、バッシングをしている人の不思議な行動です。どうして、その怒りが弱者に向くのか?ということが不思議で仕方ないらしい。私もそれは同感ですけどね。「「弱者の正義」が蔓延する日本:生活保護バッシングに見る、日本の不思議な国民性」のエントリーには実際に、引用も多用して、生活保護バッシングについての批判記事を掲載しています。

>不思議なのは、日本社会では人々の怒りや不満が貧困や格差を生み出している社会構造になかなか向かわない、という点です。二〇一一年秋、「私たちは九九%だ」をスローガンとしたアメリカの「ウォール街オキュパイ運動」は世界各国に波及しましたが、日本では、格差・貧困の広がりにもかかわらず、富裕層を批判する社会運動が広範な支持を得ることはありませんでした。

まず、これなんですよね。貧困についての格差の広がりが起きている原因は間違いなく国なんですよ。生活保護バッシングをしている全員に当てはまるとは言わないけど、バッシングをしている人の中には、自分の貧困具合と比べて、生活保護受給者は楽をしている。それが嫉妬なのか?憎悪なのか?分かりませんけど、そこからバッシングに向かってしまう例もあるみたいです。あなた方の生活が苦しいのは分かりますが、どうして国をバッシングしないのでしょうね?

国があなた方の生活を苦しく追いやっているに気付いていないのか?気付いているけど、怖くて批判できないのか?どっちにしろ、理由としては不適切でしょう。弱者はちゃんと与えられた権利を行使しているに過ぎない。そこに文句を言われる筋合いもない。それに文句があるならば、そういう権利を付与している、制度を整えている国にすべきであって、やっぱり弱者に対して文句を言うべきじゃない。明らかに筋違いです。

>ネット上では頻繁に見られる「生活保護バッシング」について驚くのは、2chを中心に、「自分は生活保護水準以下でも働いて、つつましく生きている。だから受給者たちは贅沢だ」という批判が多く見られることです。

稲葉さんも著書で指摘していますが、もし本当にそうなら、ご自身もぜひ生活保護を受給すべきです。生活保護は「健康で文化的な最低限度の生活(ナショナルミニマム)」での暮らしを保証する制度であって、収入が十分でない場合は、働いていても利用することができます


これですよ。最大の謎は。働いていて生活保護基準以下の収入しかないならば、あなたも生活保護を申請すべきだ。最低でも生活保護の支給金額と同等の収入にはなるのだから、それで文句は大分なくなるでしょう。あと、そもそも生活保護は最低限度生活できるお金を支給するものですから、それが最低限度の生活費であり、全然贅沢じゃないわけ。中には上手くやりくりして、趣味とか遊興費に使えるお金を捻出している人もいるでしょう。それが贅沢に見えたり、余裕があるように見えるかもしれないが、それはその人の使い方が上手いだけ。つまり、それ以下の金額しか収入がない人は、明らかなワーキングプアであり、文句を言うなら国に言うか、生活保護を申請すれば良い。彼らは贅沢なんかじゃないのです。彼らが普通なんです。

>生活保護水準以下で生活しながら生活保護バッシングをしている多くの人は、そもそも制度についてよく知らないのではないか、という疑問すら芽生えます。意地悪い言い方ではありますが、嫉妬が正義に転じ、冷静に「事実」を見る目が曇ってしまっているのではないでしょうか。

生活保護を叩く人は、生活保護について知らない。それは受給資格を持っているのに、それを申請せずに他者を叩くという行為をしている。それは知っていてやっているのか?知らないからやっているのか?は分からないけど、多分制度についてよく知らない人は多いと思う。知らないのに叩くという行為をしていたら、そりゃそういう人なんだな。と蔑んだ目で見られてしまう。憲法もよく知らないのに、国民の勤労の義務が課されていると言う人もいるし。勉強しないで、何も知らないけど、とにかく叩いてやろうという人が多いのも多分事実だと思います。冒頭でも述べましたが、あなた方の心に嫉妬や憎悪をの精神を根付かせているのは国の責任ですからね。1番贅沢な生活をしているのか?安倍首相でしょうし、その他国を構成する重要な職務を担っている人たちです。叩く相手を間違えている。いい加減にしてほしい。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム