トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

新卒の就活生はブラック企業リスクが高いベンチャー企業は避けるべき?

ベンチャー企業はブラック企業であるリスクが高いとも言われています。それは出発したばかりの企業だから、当然業績が安定しているわけでもなく、何がきっかけで倒産したり、リストラにあったり、逆に業績が一気に伸びて給料が上がったりするか?分からない一長一短の企業とも言えるのかもしれない。ベンチャー企業に入りたいが、ブラック企業は避けたいと考えている人もいると思います。就職活動をしている多くの学生も、そりゃ大企業に入りたいと思っているかもしれない。

ただ、現実的には厳しいから、選択肢の1つとしてベンチャー企業を入れておくというのも賢明というか、リスク分散のためには必要なんでしょう。そもそもベンチャー企業というのは、まだ業績が安定しておらず、今後次第でブラック企業にもホワイト企業にも、どちらに傾くか?分からない企業ともいえます。リスクとして大きそうなのは、やはりブラック企業かな?と思うのです。といのも、先発の企業で違法労働を課している例はいくらでもあると思うのだけど、そういう実態がある中で、後発の企業はどうするか?

当然、先発の企業が多く法律を違反する労働を課して利益を伸ばしている場合、新しい企業が法律をまともに守っていたら、当然先発の企業に負けてしまう。法律を破っても、勝てる見込みはそうないのだから、当然平気で破る企業が出てきてもおかしくない。ましてや違法労働自体は別に珍しいことではないから、ベンチャー企業の経営者としても、違法労働を課す心理的なハードルはかなり低いと思うのです。

そういうリスクは常にあり、ブラック企業と呼ばれるまで深刻な問題になるか?は分からないものの、ある程度厳しい労働になることは覚悟しないといけない面もあります。ベンチャー企業はこれから一流企業を目指していくような企業ですから、少なくとも最初からホワイトな労働環境を期待するのが間違っているかもしれない。軌道に乗るまではそりゃきついでしょう。というか、きつい労働を課さないと軌道にすら乗れない可能性もある。

だから、ベンチャー企業でブラックじゃない企業を探すというのは、ある意味矛盾しているのかもしれない。人の感じ方にもよるでしょうけど、誰がどう見てもホワイトだといえるような労働環境のあるベンチャー企業というのは、ほとんど存在しないに等しいのではないか?と思います。ブラックか?どうかはともかくとして、そんなみんなが理想とするような労働環境がある職場をベンチャー企業から見つけるのは厳しいと思うのです。

特にベンチャー企業のような後発の企業は、先ほどもチラッと同じようなことを言いましたが、ブラック企業や違法労働がある程度蔓延している中で事業を始めることになるので、そういう違法な労働を強いることやブラック体質に会社が変化していくことに全く心理的な躊躇いがない。みんなやってるじゃん?だから問題ないでしょ。みたいな考え方に陥ってしまうことになるのです。だから、ベンチャー企業は相対的にブラックと言われることが多いのかな?と思います。

就職活動をしている学生の皆さんは、当然ベンチャー企業などの新興企業も見ていくと思います。働く実態に関しては、少なくとも企業にとって不都合なことは事前に言わないはずですから、ブラックなのか?そうじゃないのか?は実際に働いて見ないと分からない。それはベンチャー問わず、他の企業でも一緒でしょう。ベンチャー企業の場合は、ブラック企業か?そうじゃないか?と言う問題もあるが、まだ会社を作って浅いだけに、今後職場の様子や働き方に関して変わっていくことが多く、働き始める前も働き始めた後も予想できない変化に見舞われる可能性がある。それは良いこともそうじゃないことも両方あると思います。そういう意味で、ベンチャー企業っていうのは非常に難しい。一種の賭けなのかもしれないです。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム