トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

働きながら通信制大学に通う、行く意味は非常に大きい!

通新制大学というのが、以前にも増して注目を浴びている時代です。若い人、そうじゃない人関係なく多くの人たちが学んでいるので、今後も新規に入学する人は増えていくのではないでしょうか?ところで、通信制の大学に通う意味ってあるのか?という疑問を抱いている人もいるかもしれません。通新制大学に興味があるけど、そんなところ通って意味あるの?と考えている人もそこそこいるのではないでしょうか?何を「意味」とするか?にもよりますけど、意味がないことはないです。

もっと言うと、そもそも誰が通うか?にもよります。例えば、高校を卒業した19歳くらいの人が通うのならば、意味はそんなにないのかもしれないです。でも、すでに会社で働いていて、そこから通うという人は意味が大きそうですね。ここでいう意味というのは、それを卒業することの意味です。だから、そこで学ぶことに意味がないと言っているわけではありません。授業内容はちゃんと濃くて、話を聞いてみて良かった!と思えることもあると思いますからね。そこで勉強をして、知らないことを学ぶという意味では、それはいつしか役に立つこともあるかもしれない。

でも、通信制の大学に入学して、そこを卒業することの意味でいうと、確かに大卒者という資格は得られますが、普通の若者が四年制大学の代わりに通信制大学を卒業しても、就職先などは苦労するかもしれないです。というのも、やはり四年制大学の学生と同じように就職活動をすると、通信制の大学はあまり反応はよくないのかな?と思います。通信制の大学に対する偏見なのか?勘違いなのか?それとも妥当な見方なのか?は分かりませんけど、有利に扱われることはほぼないでしょう。

四年制大学のある程度のレベル以上の大学とは同じ扱いにならないと思います。というわけで、全員が全員そういうわけではないですけど、就職に苦労するかもしれません。ただ、社会人としてすでに働いている方は非常に意味があるのです。すでに働いていれば、就職に苦労することはありません。ただ、現在高卒という状況から大卒という資格を得て、ランクアップすると、社会人としても様々な特典があるのです。

高卒と大卒ではすでに働いている人の待遇とかも大きく違ってきます。だから、当然今後の年収などについての開きが出てくるのです。大卒であれば、大学のランクはそこまで関係ありません。東大でも、聞いたことのような大学でも、年収の差は仕事の出来、不出来によって決まる。基本的に大卒者という枠組みの中で言えば、ランクは関係ない。差は生まれづらいということです。でも、高卒と大卒という違いは如実に差を生んでしまうのです。

そういう差に納得いかない人、なんとかしたい人が実際多く通信制大学に通っているのです。だから、社会人になってから、働きながら通う人が非常に多い。数年かけて卒業し、大卒資格を手に入れるのです。例えば、通信制大学として有名なのはソフトバンクグループが運営するサイバー大学ですよ。ここは知名度もどんどん上がってきており、若い人からそうでない人まで老若男女が日々勉強しています。ここは通学不要で、好きなときに、好きな場所から授業を受けられます。

キャンパスに通わなくて良いので、当然働きながらの人でも大学で勉強しやすいのです。働いている人はどうしても仕事に時間をとられるので、使える時間はそんなにないでしょう。だから、普通の大学にはとてもじゃないけど通えない。でも、授業や試験は全てインターネットから受けられる。しかも、決まった日にち、時間帯に受けるのではなく、本人の都合の良いときに、都合の良い場所からいつでも、どこでも受けられるのが便利です。そして、卒業までにどのくらいかけるか?も自由です。

4年で卒業する人もいれば、5年、6年、それ以上かけて卒業する人もいます。働きながらの人は、自分の仕事と両立しながら、自分のペースで単位を取得していけばよくて、別に卒業までにかかる時間が延びると、余計お金がかかるとか、そういう仕組みではありません。サイバー大学では、最終的に124単位が必要ですが、1単位履修ごとに授業料がかかる仕組みなので、合計124単位分の授業料がかかります。学期ごとに一律の授業料をとられるわけではないのです。だから、卒業までにかかる年数にかかわらず、全員が124単位分の授業料がかかるというのは同じでなのです。

サイバー大学では、現在IT創造学部と世界遺産学部があります。どちらも一流のビジネスリーダーや研究者など、錚々たる人たちを講師に迎えて、日々勉強に励んでいます。高卒と大卒では、将来的な賃金にも差が出てきやすいです。だから、それにコンプレックスを感じているならば、大学に通う気があるなら、それは早い方が良いです。サイバー大学は働きながら大学に通う人が非常に多い大学として有名です。30代、40代で入学する人も非常に多い。ちょっと興味がある人は、サイバー大学のホームページに詳細な情報も載っていますし、後は無料で資料請求もできるので、本当に詳しく知りたい方は、ホームページにも載っていない情報もありますから、資料を問い合わせても良いかもしれません。


働きながら学ぶ/サイバー大学
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム