トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

戦場ジャーナリストが危険な紛争地に赴く必要性はあるのか?

シリアでの日本人拘束事件を受けて、日本でも俄かに話題になっているのは「戦場ジャーナリスト」の意義です。最近だと、同じくシリアに渡航しようとしたジャーナリストが、渡航を抑制され、かつパスポートを返納するようにと命じられた事件が記憶に新しいです。そこまで危険な地域にわざわざ足を運ぶ必要性については、多くの人が疑問に思っているのではないでしょうか?彼らが言うには、これは使命みたいなもので、紛争地帯の現実を多くの人に知ってもらうことに意味があると話しています。

戦場ジャーナリストは必要か?という議論もネットでされたりするなど、今この職業が非常に注目を浴びています。皆さんは必要だと思うでしょうか?私は「どちらともいえない」しか言えません。凄い逃げの回答みたいで申し訳ないですけど。別にこれは私たちが判断するものじゃないと思うのです。彼らが伝えてくれる情報を欲しいと思っている人からすれば必要だし、別にそんな情報いらないよ。という人からすれば、必要ないとなるので、答えはないと思います。

私は本人の意思で危険な地域に行く分にはそれは自由で良いと思うのです。危険を冒して行きたいのならば行かせてあげれば良い。危険を冒さずに生きるということはおよそできないと思います。どこかでみんなリスクを負っているんです。それが生きがいって、人もいるでしょう?戦地にジャーナリストとして赴くことが別に犯罪にあたらないのであれば、それは本人の自由にさせてあげれば良いのに。だから、最近起きたシリアに向かおうとした男性だって、行かせてやれば良かったのに。と思います。

男性は国のやり方に納得いかず、報道の自由を奪うものだ!と憤っており、裁判になるのではないでしょうか?ここからはちょっと話は逸れるのですが、戦場ジャーナリストの行っている報道がどれだけ効果があるのか?というのは、私からしたら些か疑問なんです。先ほど、彼らからの情報を欲している人もいるから、その人たちにとっては戦場ジャーナリストは必要だと述べました。ただ、そういう情報を欲している彼らが、実際に戦場ジャーナリストからの情報を受け取って、その後どうしているのでしょうか?知って終わり?

戦場ジャーナリストが戦地に赴いて、危険な紛争地帯の実態を日本に伝えてくれているのは分かる。しかし、いくらそういうことに興味があったとしても、じゃあ、彼らはその紛争地のために、そこで苦しんでいる人たちのために何ができるか?というか、何をするのでしょうか?実態を知ることはまず第一歩であって、確かに大切だとは思うのだけど、知っただけじゃ事態は何も変わらない。現実を知って、ブログやTwitterから、イスラム国主導者を非難したって、別に彼らは痛くも痒くもないでしょう。仮にできることがそれくらいならば、わざわざ危険を冒して戦地まで行って、その地の現状を伝えた戦場ジャーナリストの努力は報われているのでしょうか?

彼らがそういう危険を犯してでも、現地に向かうというのは、そこにある生の情報を伝えることもそうなのだが、最終的に考えているのは「平和」だと思う。宗教を介しての争いから脱却し、お互いがお互いを認め合い、傷つけずに暮らしていくことこそが最終目標なのではないか?というのが後藤健二さんらの言葉から読み取れる。しかし、その最終目標達成のために、彼らが命がけで真実を伝えることが、どれだけそれに貢献しているか?というと、私は疑問なのです。国レベルならば、貢献はできるかもしれないが、一般市民のレベルでは、せいぜい関心を寄せるくらいしかできない。その関心を寄せることが、どれだけその平和の実現に貢献しているか?というと、本当に微々たるものとすら言えないレベルじゃないか?と思います。

彼らが危険を犯してまで現地に行き、真実を伝えることは、それはそれで意味がないとは言えないけれども、彼らがそういう行動をとることで、紛争地の状況が今後改善されるか?というと、そうは思えない。私は紛争地の真実を伝える情報を特に欲してはいない。たまたまニュース等で見れば、ちょっとそのときだけ関心を寄せるだけです。それは紛争という形ではないが、国内にももがき苦しんでいる人がたくさんいて、そちらの方をまずなんとかしてくれ!と思っているから。

国も自分の意思で危険な地域に入って捉えられてしまった人を救うくらいならば、国の社会システムの犠牲になって、底の方に堕ちてしまった人たちを救うのがむしろ、国の責務としては先でしょう。どうせお金を使うならね。別に今回の後藤さんや湯川さんを救う必要がなかったとは言わないけど、優先順位が違うと思う。国の政策の影響を受けて、困り果てて、窮地に追いやられている人の方が、国としては助ける責務がより強いでしょう。ということです。後藤さんや湯川さんは、自由な意思でシリアに行ったのだから、国際問題だからといって、彼らより先に関心を向けるべきとは思わない。それとも、ホームレスやネットカフェ難民、その他貧困層などの人たちは、知らん振りで良いとでも言うのでしょうか?


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム