トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

日本では残念ながらサービス残業は実質合法化されているに等しい

サービス残業を是正すると、多くの会社が潰れるという。ただ、会社なんて五万とあるんだから、それらが仮に潰れたとしても社会全体として困ることがあるんでしょうか?と思います。潰れた会社の経営者とか、社員とかは困るかもしれませんね。ただ、違法な労働を続けているのだから、潰れて文句は言うのはおかしいだろうという気もします。

サービス残業自体は一応違法な労働です。でも、国はサービス残業の防止は徹底できていないようです。できていないというよりはしていないのかもしれません。それは多くの企業が潰れるというのは社会不安も広がるだろうし、失業者も増大する。治安も悪くなるかもしれないから、国としてもどうしてもサービス残業を容認する姿勢を見せないといけない事情があるんじゃないでしょうか?勿論、労基署などはできる範囲で是正に動こうとはしているはず。でも、現状としてサービス残業は蔓延してばかり。他がやっているから、うちもやっちゃえ!的なノリでやっている企業は多いと思います。

また、サービス残業は労働者の方から訴えかけないと、そもそも発見すらされないケースもあります。しかし、現状では労働者側からの告発はあまり期待できません。それは告発ができない、しづらい職場が非常に多いという現状があるからです。告発したらそもそも会社が潰れるとか、周囲の目が気になるとか、上司から圧力がかけられているとか。要するに、1番サービス残業を淘汰するのに有効な手段が機能していないという社会構造があるのです。そんな事情は国も当然知っているはずです。

現状を分析すると、今の日本ではサービス残業が淘汰される気配なんてこれっぽちもないということ。でも、サービス残業は法律で禁止されている。それはあくまでも「建前では」ということでしょう。法律でも容認してしまったら、それこそ社会問題になるから。だから、法律では禁止している。国のそういう姿勢を見せつつ、心の中では実質認めているに過ぎないという現状があるのだと思います。サービス残業を撲滅してくための有効な手段を打ち出せない、打ち出そうとしていない姿勢というのがどうしても感じてしまうのです。

サービス残業が悪いのか?時代に合っていない労働基準法が悪いのか?どっちなんでしょうかね?サービス残業が悪いというよりは私は残業自体に否定的ですけどね。1、2時間程度の残業ならまだしも、長時間労働といわれるほどの労働は明らかに身体、精神に支障をきたす恐れがあります。サービス残業どころか、残業自体に反対です。それは客観的に見ても問題のある働き方なのです。それを毎日のようにやらされている労働者もいるわけです。

ですから、本来であれば残業自体は良いにしても長時間労働、ましてやそれに対して給料を支払わないサービス残業は国が是正していかないといけません。しかし、実際はそれは実現できていないですし、国にもそういった姿勢があまり感じられないという現状があります。こうした現状を分析すると、国は長時間労働、サービス残業をほぼ容認していると見なされてもしょうがないのです。結果的に効果がなくても、施策を打ち出してそれを実践していく姿勢があれば、まだ容認しているとはとられないでしょうけど、現状何もしていない。明らかに効果のない施策を継続しているだけなのです。

国からしても、こういったものを認めていかないと経済力が落ちるというデメリットがありますから。経済力が落ちて何が困るんだ?とも思いますけど。現状のサービス残業、長時間労働であれば、国、または社会全体の事情を考慮した結果、認めちゃった方が良いんじゃない?的な感じで。労働者の境遇と国としての都合を比較衡量した結果、後者を優先した方が得策だと判断したのではないか?と思います。困るのは一生懸命働く労働者で、国としてはこれという損害がないから。

したがって、サービス残業を1番に是正していくべき主体に、改善の姿勢がほとんど期待できないのだから、それを受け入れて働き続けるか?それを拒否して別の手段で金を得ていくか?の二択でしょうね。私はそんな現状を直視した結果、後者を選んだわけですけど。まあ、労働者の皆さんも覚悟しておいた方が良いでしょう。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム