トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

公認会計士は独学では無理?予備校に通わないと厳しい理由

公認会計士を目指している人の多くは予備校に通っているという事実があるかと思います。それは独学では無理なのか?ということを暗示しているかのようですけど、実際どうなのでしょうか?公認会計士を実際に目指している人、または目指していた人の多くは「独学では無理」と口を揃えて言う場合も多いです。それは公認会計士独特の事情というものがあると思います。公認会計士の場合は、勿論資格自体の難易度も凄い難しいのですが、それだけじゃないんですね。

というのも、実際独学で合格したという例がほぼ都市伝説レベルになってしまっているのです。それは独学で受かった人がいないわけじゃないでしょうけど、まず聞かないレベルだと思うのです。それは大きな意味があって、まず公認会計士を目指すのに必要な参考書とか、問題集が市販のものでは足りない。厳しいという現実があります。あまり出ていないのでしょうね。したがって、予備校に通って、専門的な参考書、問題集、講師の人が過去の問題を洗い出して、データ化して、分析したものを使っている受験生と比較すると、当然市販の問題集は安く手に入りますから、質が落ちるのはしょうがない。

そして、そういうものを使っていると受験生と予備校で高いお金を払った代わりに付与されるものを使っている受験生とでは、当然差が出てきてしまう。ここに公認会計士を独学で挑む難しさがあるのです。使っている教材の差がそのまま合格率の差として現れてしまう恐れがあるということですね。これはやってみないと分からない部分もあるものの、非常に厳しいと言えそうです。公認会計士の専門学校とかに通っている人はそれで大丈夫だと思いますけど、普通の大学に通っていたりという方、専門的な勉強を過去に経験していない方は厳しいでしょうね。

そして、何よりも問題なのは、論文式の勉強をどうやってするか?ということです。公認会計士の試験は短答式というマーク式の試験と論文式という論述形式の試験があります。論述形式の試験は、これ!という正解が導けるものではなく、しかも1個に定まるものではないため、短答式と比べて、自分1人では勉強しづらい。ある程度公認会計士の試験に長けた人による添削やアドバイスが必要になると思うのです。

自分1人で勉強できないわけではないでしょうけど、それで上手くいくか?どうかは分かりません。当然、予備校に通っていれば、専門的な方からの添削によって、徐々に上手くなっていくと思われる受験生と自分1人で論述形式の文章を書いて、それがどのくらいのレベルの回答なのか?を自分1人で判断していかないといけない受験生では、やはり性で適し舞うのはやむを得ない。ここでも独学と予備校に通う受験生の差がかなり出てきてしまうと思うのです。

したがって、現実的いうと、公認会計士に合格しようと思ったら、予備校に通った方が良い。と、100人中95人くらいは言うと思います。合格率が7%くらいの長難関試験ですからね。予備校に通うと費用はそれなりに弾みますけど、最近はサービスが物凄い良いので、利用のしやすさでいうならば、最近の予備校は凄いですよ。大学生や働きながらの社会人の方が多いかと思いますけど、特に「クレアール公認会計士アカデミー」はどういう方が受講しても満足できる予備校だと思います。ここは特徴としては従来の予備校の概念を覆した映像講義の充実度にあります。

映像講義って、どういう風に授業を受けるのか?というと、普通の方が思い浮かべるのは予備校に通って、あらかじめ決められた授業を受けて帰る。というのではないでしょうか?しかし、映像講義っていうのは、別に予備校に通って授業を受けるわけではなく、パソコンやスマートフォンから授業を視聴するスタイルになります。それはどういうことか?というと、予備校に通う手間もかからないですから、時間が無駄になりづらいですよね。

大学生や社会人は大学に通う、会社に通う時間が必要で、そこで勉強をする、仕事をしている時間がまずありますから、それ以外の限られた時間で勉強をするしかない。だから、いかに時間を節約して、公認会計士の勉強に充てられるか?というのは非常に重要です。このパソコン、タブレット等で勉強できるということは、わざわざ予備校に通う必要がありませんから、移動にかかる時間がいらないということですし、例えば授業と授業の合間の時間たまに空くじゃないですか?90分1回の授業分が空いたら90分くらいありますよね。

でも、その時間を利用して予備校に向かうとかはできないわけですよ。移動で時間を削がれますし、またその時間に希望の授業をやっているか?は分からないから。だから、そういう時間が生まれたとしても、何もできないわけです。通常ならば。でも、クレアールのような映像講義を受けると、パソコンなどを大学とかに持ち込めば、空いた時間90分をそのまま利用して、公認会計士の勉強ができるわけです。空いた90分をそのまま無駄にするか、ちゃんと勉強できるか?この差は大きいですよね。

また、映像講義はライブラリー化されているものを自由に視聴できます。つまり、通常のスタイルだとあらかじめ予備校側が組んだスケジュールに合わせて授業を受けないといけませんけど、映像講義だと、見たい授業を見たいときに見られます。それは時間帯もそうですね。授業をする時間帯や日にちというのも、通常ならば予備校側はスケジューリングしていますけど、映像講義では、見たい日に見たい時間帯に(朝でも夜でもそれ以外でも)視聴できるので、自分の生活リズムや都合に合わせて、いくらでも調節できるのです。

こうして見ると、WEBからのアクセスによる映像講義の凄まじい利便性がお分かりいただけると思います。クレアールは同じく公認会計士の講座を開いている他の予備校と比べても料金も安くなっており、多くの学生、社会人が学んでいます。わざわざ予備校に通う必要なく、大学生は大学から、社会人は会社のオフィスから、それぞれ空いた時間を利用して学習もできますし、家に帰ってからも好きなときに勉強ができるので素晴らしいですね。公認会計士の試験に受かりたい方、クレアールに興味のある方、具体的にどういうコースがあって、どういう勉強をしていくのか?など、知りたい方はクレアールのホームページを見るか、無料でできる資料請求もオススメだと思います。

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる通学・通信講座
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム