トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

時給がなかなか上がらないアルバイトに「仕事頑張れ」と言われても困る

私は何度かこのブログで話しているように、以前大学生時代にスーパーでアルバイトをしていました。当時は別にお金に困っているからとかではなく、親が社会人になる前にアルバイトくらいはやっておけ!みたいな感じで、ほぼ無理矢理に近い状態で始めさせられたのです。

このスーパーのアルバイトに決まるまでに3、4回不採用も食らってましたけど、ここは運が良かったのか?面接の段階で採用が決まってしまったのです。そんな適当に始めたアルバイトもトータルでは2年近く働いてしまったわけです。という、私は自分で言うのもなんですが真面目な性格なので、なかなか不真面目に働くこともできなかったので、なかなかクビになりませんし、それどころかシフト増やされたりして、むしろ頼りにされてた?みたいな雰囲気すらありました。

ただ、はっきり言っていくら真面目に働いていても時給一向に上がる気配もないし、長く続けているとだんだんだるくなって、仕事行くのが相当面倒になってきます。そんなときに直属の上司の人から、「お前、もっと頑張れよなー」みたいなことを言われたのです。本当はその言葉の前に何か言われて、最後に言われたのがその「頑張れ」という言葉だったと思います。

当時からすでにやる気を失っており、歯車のような働き方をしていた時期です。ただ、それでも標準レベルの働き方はしていたはずです。で、そんなことを言われたわけです。アルバイトをしていればよく使われる何気ない言葉なのかもしれません。ただ、私にははっきり言ってそれを素直受け取る意味はないと思っていました。その場は「は、はあ・・・。」みたいな感じでやり過ごしましたが、心の中では「何ふざけたこと言ってるんだ?」と思っていました。

だって、アルバイトは時給で働いているわけですよ。当時は900円でした。10時以降は1200円くらいになりました。しかし、この安い時給で頑張れ!と言われたことにも腹が立ちましたが、何よりも頑張って得するのは誰か?ということです。私が仮に今以上に頑張って働いて生産性を上げて得するのはスーパーですよね。そして、私は一切得をしません。ですから、アルバイトが頑張ることの意味がほぼ皆無なんです。

にもかかわらず、あのときの上司はそんなことを平気で言ったということです。そんな深い意味は無く何気なく言ったのかもしれませんが、当時はこういうことを考えていたので私は正直呆気にとられていました。私の当時の仕事はほぼ毎回同じ作業の繰り返しで、頑張るところがあるとすれば、作業の迅速さの向上というところです。同じ作業をできるだけ早くこなせば頑張ったことになるんでしょう。ただ、そんなことをするわけがない。

だって、頑張って1秒でも早く仕事を終わらすということは、より多く労力を使って短時間で仕事をするということになります。つまり、より体力と頭を使って仕事をした結果、貰える給料が減るということですよ!?こんなのやるわけないじゃないですか!?しかも、いくら頑張って作業を効率的に行ったとしても時給は永遠に変わらないんですから。

これが例えば、携帯ショップの店員とかでより多く契約をとりつけたら、その分給料に一定金額を上乗せしてくれる!とかいうインセンティブがあれば、話は別でしょう。しかし、当時の私の労働環境では頑張って仕事の効率性を上げると、明らかに損失なんです。頑張ってへとへとになって働いた結果、給料が減るってナンデスカコレハ?まあ、お店にとっては支払う給料が減って得でしょうけど。

つまり、この状況で頑張ってほしかったら、何かしらの頑張ることのインセンティブをよこせと言いたいわけでね。別に私は当時学生でしたから、クビになっても生活に困らないし、辞めるというのも言いづらかったので、むしろクビにしてほしいと思っていたくらいです。クビなれない事情があるなら、それだけで頑張らないといけない理由は1つ生まれますが、私にはそんな理由が1個もなかったのです。

こういう労働環境しか用意できない会社ははっきり言ってよほどの人じゃないと、アルバイトも長続きしませんよ。私がいたときには結構入れ替わりが多かったように思います。私のように真面目に長く働いていた人も何人かいたようですが、気付いたら新しい人がいるということもよく見ていましたし。ただでさえアルバイトは搾取されやすい存在なのに、真面目に働くインセンティブもなければ普通の人間ならいずれ嫌気が差すでしょうね。

ただ、こういう場合はサボタージュを行って、わざとノロノロと仕事を行えば、労力をより使わずに、時間だけかけてより多くの給料を貰うという利用の仕方もあるわけです。これを使えるのはすべての職場ではないでしょうし、やり過ぎると、退屈になったり、逆に疲れます(笑)ですから、バランスが大切ですが、時給で働いているアルバイトの働き方としては、こっちの方が”アルバイトとしての正しい働き方”のように思えてなりません。


ランキングに参加中です!良かったらクリックお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム