トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

フォーマルの概念、スーツなんて服装は早く廃れてしまえ!

何故、スーツなんて服装があるんだ?もっと言うと、どうしてフォーマルとカジュアルなんて概念があるんだ?とずーっと私は考えていました。プライベートでは、いわゆるカジュアルな格好をすることが多いと思いますけど、仕事とか、何かの会合とか、パーティーとかはいわゆるフォーマルな服装をしますよね。本当にこれ意味分からない。別にスーツなんていらないとは思わないけど、着たくない人がスーツを着させられるのは、本当に御免です。

私はスーツが嫌いです。何故か?というと、着るのに手間や時間がかかるのと何よりも格好悪いからです。スーツは本当に私から見れば、格好悪い格好だと思う。だから、着たくなかったけど、今までいろいろな場面で着てきた。我慢して着てきた。もうスーツはできるならば、一生着たくないけど、それはどうだろう?ホリエモンこと堀江貴文氏がスーツを着ているの見たことあるだろうか?私はない。彼はメディアに顔を出すときには完全に私服で、かなりラフな格好です。彼も同じような考えみたいで、「結構服装原理主義者が多くてびっくり。」というブログのエントリーで、服装に語っていました。

彼曰く、TPOに合わせてフォーマルやカジュアルな格好をすればトラブルが少ないのは事実だけど、自身が大学に入って、服装を含めて何もかもが自由になったとき、その快適さと言ったら素晴らしすぎた。といったことが書かれています。フォーマルやカジュアルの使い分け、いわゆるTPOに合わせた服装というのは、別にそれをしないと何か支障が起きるわけではないのです。いつからか?は分からないけど、そういう伝統が根付いてしまって、世界共通で抜けられないのです。

だから、今でいうところのフォーマルの服装をしていくべき場にカジュアルな格好で言ったら文句を言われたり、顰蹙を買ったりするでしょう。でも、私が「何でカジュアルな格好はいけないの?」と聞いたら、何て返してこれるでしょうか?「ここはちゃんと正装をしないといけない場だ!」といった、よく分からない回答しか返ってこないと思う。スーツなどの正装をしないといけない理由はないから、こういう回答しかできないはずなのです。スーツを着ていかないと困ることなんてない。大勢がカジュアルな格好をした私を見て違和感を感じることはあるでしょう。ただ、それだけしか起きないじゃないですか?

スーツを着ていくべき場で、スーツを着たい人ってどれだけいるのでしょうか?あまり多くないと思うんだけど。明らかに息苦しいし、動きづらいし、着るの面倒だし、見た目あまり格好良くないし、スーツにはそれを着ることによるデメリットはいくらでも思いつくのだけど、メリットは私の中でほぼない。そういうことを感じながらも仕方なく着て行っている人はかなりいるんじゃないか?スーツを着る意味っていうのは、もはや互いの服装に違和感を感じないため、それしかないと言って良い。

つい1週間くらい前かな?テレビ朝日の報道ステーションで、先に出した堀江貴文氏と古館伊知郎氏の対談が放送されていました。古館氏はビシっとスーツを着ていて、堀江氏はいつも通りのかなりラフな私服でした。対談の途中で古館氏が「堀江さんはいつもこういう格好なんですか?」と聞くと、「そうです。スーツは結婚式以外着てない」と言っていました。本当に堀江氏は一貫しているなと思いますね。

実際、10年くらい前までは仕事=スーツみたいな固定観念があったと思うんですよ。作業着を着ている人以外は、基本スーツというのがデフォだったと思います。しかし、今では仕事は私服を着て行っている企業が相当増えましたよね。ベンチャーのIT企業などはスーツ着て勤務しているケースはほとんど見ない。要はブルーカラー以外はスーツを着て行うのが当たり前に近かった時代もあったと思いますけど、それが覆されてきている。やろうと思えばできるわけ。そのやり方をそれ以外の場でもどんどん拡張していけば良いだけの話じゃないですか?

私はスーツを着るな!と言っているわけじゃない。スーツはフォーマル、Tシャツはカジュアルといった概念を区別をなくそう!と言っているわけ。というか、スーツを着たい人は着れば良い。だけど、着たくない人は着なくて良い状況が欲しい。スーツもTシャツも同じ洋服という概念であって、そこに場面ごとや優劣の差はない!そういう認識が必要だと思ったのです。スーツもTシャツも捉え方は同じ。両方とも私服の1つでしかない。そうすれば、スーツを着たい人とTシャツなどの従来でいうところのカジュアルな格好をしたい人がいろいろな場面で混在することになるが、それで良いでしょう。スーツ姿しかほぼ見ない政治家がTシャツで国会で討論したって良いじゃない。

これは人間の頭の考え方1つ変えれば実現できるものであり、それを実現することもメリットはあっても、デメリットはほとんどないと思う。長く続いた伝統を当たり前だと思うがゆえに、意味がほとんどないと思う伝統を壊せないのだと思うけど、日本はそういうものは特に多いと思う。何のためにやるのか?ただの儀式じゃないか?ということは探してみると意外に多い。スーツを仕事で着る場合が多いと思うけど、そのスーツ代も会社から出ない場合が多いだろうから、本当にスーツを着る概念が廃れれば、多くの人は助かると思う。本当にスーツを着る習慣から脱却する姿が早く見たい。

就職しなければ、仕事でスーツ着なくて確実に済みますね。


関連記事

 
トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

Auther:さいてぇ(管理人)

ハンカチ世代の零細フリーランサーです。毎日とても眠くて起きるのが大変です”_| ̄|○”ハァハァハァ


ブログパーツ

スポンサードリンク

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム